親子で楽しい週末お出かけ情報「東京イベントプラス」

東京イベントプラス

エリアを選択する

【江戸川区】地元の方と楽しもう!子連れで行きたいおすすめお祭り&盆踊り10選

更新日:2021年10月19日

投稿日:2021年10月17日

\\ 友達にもシェアしてあげよう♪ //

LINEで送る


出典:photoAC

祭囃子の音ににぎわう声を聴くと、大人も子どももソワソワ、ワクワク!

主に夏から秋にかけて行われるお祭りや盆踊りは、地域で昔から大切にされてきた行事であり、子どもたちにも受け継いでいきたい伝統でもあります。

普段、近所の方となかなかお話をするきっかけがなくても、お祭りや盆踊りを通して仲良くなれるなんてことも!

今回は、江戸川区で子連れで行きたいお祭り&盆踊りをご紹介します。
実は、江戸川区は年間を通してたくさんのお祭り行事があるスポットでもあるんですよ!

例年の開催時期順にご紹介しますので、おでかけの参考になさってください。

親子で浴衣や甚平を着て、地元の方たちと一緒に楽しみませんか?

 

~お祭り編~

篠崎浅間神社「のぼり祭り」【6月末~7月初旬】

 

篠崎浅間神社は938年創建と区内最古の神社で、ここで6月末~7月初旬にかけて行われるのが、「のぼり祭り」です。

大織旗が付いた高さ約22m、重さ1tの丸太が人力で立てられるのぼり上げは、江戸中期にはすでに行われていたようです。

大織旗は2年に1度だけ上げられますが、大織旗が上げられない年には茅の輪が設けられ、多くの方が足を運びます。

このお祭りは式典の他、露店も多く出店されるので、家族でお祭りを楽しめます。

開催場所:篠崎浅間神社
住所:江戸川区上篠崎1-22-31
アクセス:都営新宿線「篠崎駅」徒歩15分 他
ホームページ:http://shinozaki-sengenjinja.or.jp/

 

江戸川区特産金魚まつり 【7月中旬】

毎年7月中旬の土日に開催される「江戸川区金魚まつり」は、50回を超える江戸川区民に親しまれるお祭りで、4万人以上が来場します。

そもそも江戸川区と金魚の歴史は古く、明治末期から養殖がスタートし、今では日本三大地の一つなのです。

こちらのお祭りは「金魚まつり」というだけあって、金魚の展示即売、金魚すくいと金魚づくし!

また、会場には江戸川区の金魚応援キャラクター「えど金ちゃん」も登場、親子でえど金ちゃんと一緒に記念撮影しませんか?

開催場所:江戸川区行船公園
住所:江戸川区北葛西3-2-1
アクセス:東京メトロ東西線「西葛西駅」徒歩15分
お問い合わせ:江戸川区産業振興課 TEL:03-5662-0539
ホームページ:https://www.city.edogawa.tokyo.jp/e032/sports/kankomidokoro/kingyo/index.html

 

古川まつり 【7月下旬】

全国初の親水公園と知られている古川親水公園では、毎年「古川まつり」が開催されています。

このお祭りは古川親水公園とその周辺で行われ、ダンスなどのイベントや露店やフリーマーケットも開催され、楽しみがたくさん!

中でも圧巻なのは、古川に放流される約3万匹の金魚すくい!

夜には盆踊りも行われ、朝から晩までお祭り気分が味わえますよ。

開催場所:古川親水公園、古川けやき公園及び二之江神社境内
住所:江戸川区江戸川6丁目
アクセス:都営新宿線「一之江駅」/東京メトロ東西線「葛西駅」から都営バス葛西臨海公園駅行「古川親水公園」下車 他
お問い合わせ:古川まつり実行委員会(葛西事務所地域サービス係)TEL 03-3688-0431
ホームページ:https://www.city.edogawa.tokyo.jp/e034/kurashi/chiikicommunity/johokyoku/kasai/event/7gatsu/furukawamatsuri38.html

 

まいぷれサマーフェスティバル 【7月~8月】

2017年からスタートした「まいぷれサマーフェスティバル」は、地域の情報サイトが主催するイベント満載のお祭りです。

毎年開催日時と場所は異なりますが、入場は無料、工作などのワークショップやスタンプラリー、体験セミナーなど多彩です。

親子で楽しく参加ができ、夏休みの宿題にも役立つのでおすすめですよ!

お問い合わせ:まいぷれ
ホームページ:https://edogawa.mypl.net/

 

 

葛西臨海公園サマーフェスティバル 【8月上旬】

毎年8月上旬に開催される「葛西臨海公園サマーフェスティバル」は、いわゆる日本の夏祭りとは違って、南国気分が味わえるイベントが盛りだくさん!

ダンスステージではフラダンスやタヒチアンダンスなど、総勢1,000人のダンサーによる華麗なダンスを見ることができます。

会場ではアロハマーケットや江戸川区の特産品を使用した商品を販売するブース、子どもたちも楽しめる自然観察ツアーや、水を使った消火体験などもあります。

フラの心地よい音楽を聴きながら、ゆったりとした気分で過ごせますよ!

開催場所:葛西臨海公園
住所:江戸川区臨海町6丁目
アクセス:JR「葛西臨海公園駅」徒歩1分 他
お問い合わせ:03-5696-1331
ホームページ:https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index026.html

 

平井諏訪神社例大祭 【9月中旬】

江戸川区のパワースポットとしても知られる平井諏訪神社でもお祭りが行われますが、4年に1度に例大祭が行われます。

軽快な祭囃子におみこしが練り歩く光景は迫力があり元気がもらえます。

また、スカイツリーとおみこしの競演が見られるのは、ココならでは!

なかなか見かけることが少なくなってきた「日本のお祭り」を観たい方にはぜひおすすめです。

開催場所:平井諏訪神社
住所:江戸川区平井6-17-36
アクセス:JR「平井駅」徒歩5分
ホームペ―ジ:なし

 

江戸川区民まつり 【10月】

毎年10月に開催される「江戸川区民まつり」は、秋の一大イベント!
40回を超えるこのお祭りはなんといってもパレードの規模が区内最大です!

例年、約30団体、総勢3,000人が参加し、ブラスバンドや華やかな装飾をした花自動車がパレードを盛り上げます。

会場となる都立篠崎公園では、キャラクターショー、各国のグルメや物産、ポニーの乗馬体験など、一日いても飽きないほどイベント・体験が盛りだくさんです。

なお、10:30~盆踊りもスタートと珍しく、正午までと昼間の盆踊りが楽しめます。

開催場所:都立篠崎公園
住所:江戸川区上篠崎1丁目25-1
アクセス:都営新宿線「篠崎駅」徒歩15分 他
お問い合わせ:江戸川区民まつり実行委員会事務局 03-5662-0515
ホームページ:https://www.city.edogawa.tokyo.jp/sports/kankomidokoro/kumin_matsuri/index.html

 

 

~盆踊り編~

松江一丁目公園盆踊り 【8月下旬】

江戸川区松江にある松江一丁目公園では、毎年盆踊りが開催されます。

この盆踊りは、同じ江戸川区内の香取神社・白髭神社の祭禮の一環で行われていますが、地元の子どもからお年寄りまでが毎年参加するアットホームな雰囲気が魅力です。

会場には模擬店も出店され、ザ・夏祭りが体験できますよ!

開催場所:松江一丁目公園
住所:江戸川区松江1-3-18
アクセス:JR「新小岩駅」/都営新宿線「船堀駅」からバス「江戸川区役所前」下車 徒歩2分 他
お問い合わせ:中央地区町会自治会
ホームページ:https://www.city.edogawa.tokyo.jp/e031/kurashi/chiikicommunity/johokyoku/chuo/event/tyuoutikukakigyoji.html

 

沖天祖神社 納涼盆踊り大会 【8月下旬~9月初旬】

こちらも、運営員会と共に南小岩神明町会、小岩駅前町会、フラワーロード商店会が一丸となって開催し、毎年地元の方を中心に参加する地域に根付いた盆踊りです。

町会で出店するグルメはとっても人気で、それを目当てに来られる方も多いようです!

夏休みも終わりの時期に開催されるので、夏最後の締めくくりとしてみんながワイワイ踊って楽しみます。

また、盆踊りの他にも阿波踊りも楽しめるようなので、興味がある方はぜひ参加してみてはいかがでしょうか?

開催場所:沖天祖神社
住所:江戸川区小岩6丁目16-8
アクセス:JR「小岩駅」徒歩6分
お問い合わせ:南小岩神明町会・小岩駅前町会 ・フラワーロード商店会
ホームーページ:なし

 

椿天祖神社 椿ふるさとまつり 【9月下旬】

江戸川区春江にある椿天祖神社では、毎年9月下旬に「椿ふるさとまつり」が開催。

地元の学生達によるソーラン節やよさこいといったステージでのイベントや、町内会主催の盆踊りが行われます。

やぐらを囲んで小さい子どもからお年寄りまでが一緒に踊る光景は、古き良き日本の夏祭りそのもの。

また縁日コーナーも充実、お祭りグルメや遊びも同時に楽しめます。

開催場所:椿天祖神社
住所:江戸川区春江町2-42-20
アクセス:都営新宿線「瑞江駅」徒歩13分
ホームーページ:なし

 

~番外編~

奇祭「雷の大般若」

 

この投稿をInstagramで見る

 

江戸川区(@edogawa_city)がシェアした投稿

番外編としてご紹介したいのが、毎年2月に行われる「雷の大般若」。

無病息災を願って、男性たちがおしろいや口紅などで華やかに着飾って町内を駆け回るというとても珍しいお祭りです。
この祭りの歴史はとっても古く、江戸時代末期に「コレラ」が大流行した際に始まったとされています。

一時、祭りは途絶えてしまったものの、約40年前に地元有志の呼びかけで復活しました。
後世に伝えていきたいお祭りです。

開催場所:海松山 真蔵院
住所:江戸川区東葛西4-38-9
アクセス:東京メトロ「葛西駅」徒歩12分 他
ホームページ:https://ikazuchifudo-shinzoin.com/

 

 

まとめ

出典:photoAC

いかがでしたか?

今回は、江戸川区で子連れで行きたい夏祭り&盆踊りをご紹介しました。
昔からあるザ・お祭りから、ちょっとおしゃれなフェスティバルまでさまざまありました。

普段お祭りに触れることの少ない子どもたちにとっては、金魚すくいや屋台グルメ、おみこしに盆踊りはどれも新鮮なものですし、フェスティバルは大人も一緒になって思いっきり楽しめます!

地元の方との交流のきっかけでもあるので、機会があったらぜひ参加したいですね。

ぜひ子どもとお祭りや盆踊りに出かけて、忘れられない楽しい思い出を作りませんか?

 

サイト内検索

メルマガ会員募集中。東京イベントプラスの情報をメールでお届けします

子どもを笑顔にするお得な神奈川イベント情報サイト。神奈川イベントプラス〜ココロうごかす イベントプラス。親子で楽しいお得な週末お出かけ情報

お得な週末お出かけ情報やキャンペーン情報を発信♪たくさんのパパ・ママに大好評! LINE@友だち募集中!!

私達と一緒に子どもに笑顔を届けませんか?ワークショップ講師大募集♪

イベントの掲載依頼について

注目記事

会社概要。東京イベントプラスの概要をご紹介いたします。

お問い合わせ。皆様からのご質問にお答えいたします。