親子で楽しい週末お出かけ情報「東京イベントプラス」

東京イベントプラス

エリアを選択する

「楽しいを追求」FELICE KITCHEN主宰・橋本清美さんが語るイベントへの想いとは?

投稿日:2018年01月29日

\\ 友達にもシェアしてあげよう♪ //

LINEで送る


住宅展示場でのイベント経験を多数持つ橋本清美さん。

大学時代から、お菓子と料理作りを学び製菓インストラクターの資格を取得。その後パリ リッツエスコフィエで学んだり、多くのコンテストでも優勝経験のある彼女。

橋本さんが住宅展示場でのイベントにかける想いに迫ります。

 

―まずは、現在の活動について教えてください。

自宅で、FELICE KITCHENという名前で少人数制のお菓子教室を行っています。初心者の方でも気軽に参加できますし、お子様連れの方も大歓迎です。基本的にはブログを見てお問い合わせいただくことが多く、東京都内はもちろんですが川崎や横浜、千葉からも生徒さんがいらっしゃいます。毎月4回ほどのレッスンを行っています。

―橋本さんが、お菓子作りに目覚めたきっかけを教えてください。

大学時代からお菓子や料理を作るのが大好きでした。大学を卒業してから一般企業に勤めていたのですが、働きながら製菓コンテストに応募したりしていました。

1999年には貝印オリジナルお菓子コンテストで優勝し、翌年2000年にはハーゲンダッツデザートコンテストで準グランプリを受賞しました。

その後、結婚して出産をして東京に出てきて、「やっぱり何かお菓子に関わる仕事がしたい!」と思って、資格をとり今の教室を開いたんです。

 

―なるほど…!橋本さんが想うアイシングクッキーの魅力ってなんですか?

とにかく“かわいい”ということころですね。

見ているだけで幸せな気分になれるし、メッセ―ジなど文字も書くことができるので、気持ちを伝えるお菓子として多くの人がハッピーになれるものだと思います。

―このお菓子の家もとってもかわいいですよね!作るのは難しくないですか?

基本となる形があれば、あとはくっつけてデコレーションしていくという手順なので初心者の方でもコツさえつかめば大丈夫ですよ!

このお菓子の家は、2月12日(月)に環八千鳥住宅公園で実際に作ることができます。

作って楽しい。見て、かわいい。食べて、おいしい。そんな体験ができるイベントになっていると思います。

 

―住宅展示場でのイベントのお仕事はよくされるんですか?

はい。去年の6月に父の日、10月にハロウィンのイベントの講師をやらせていただいたんですが、ハロウィンの時に来たお客様が父の日でイベントを体験していた方で。

「また遊びにきました!」という言葉をいただいたこともあります。

 

―住宅展示場と、自宅でお教室をするときの違いはありますか?

住宅展示場に来られる方は、ほとんどの方がアイシングクッキー初体験。お教室では技術的なことも教えるのがお仕事なのですが、展示場ではできるだけ、来場してくれた方に楽しいという気持ちを味わってほしいなと思います。

 

ー今度の目標や、やってみたいイベントがあれば教えてください!

お客様が、来る度に楽しめるアイシングクッキーのイベントをやりたいですね。季節ごとにいろいろな形で楽しんでいただければ嬉しいです。

作っていただいたアイシングクッキーをお持ち帰りいただいて、飾ったり、家族で食べたり、そんな楽しいひと時を作れたらいいな、と思います。

 

一つ一つの作品を通して、より多くの人が楽しめるようなアイシングクッキーのイベントをしたい。そんな風に語る橋本さん。

橋本さんが講師を務めるイベントの情報はこちらからチェックしてみてください♪

2018年2月12日(月)

SNS映え確実!おおたバレンタインフェア


橋本清美

FELICE KITCHEN

お菓子研究家・JSAアイシングクッキーマスター認定講師

公式ブログ

https://ameblo.jp/kiyoppi-h/

Facebook

https://www.facebook.com/felicekitchen218/

サイト内検索

メルマガ会員募集中。東京イベントプラスの情報をメールでお届けします

子どもを笑顔にするお得な神奈川イベント情報サイト。神奈川イベントプラス〜ココロうごかす イベントプラス。親子で楽しいお得な週末お出かけ情報

お得な週末お出かけ情報やキャンペーン情報を発信♪たくさんのパパ・ママに大好評! LINE@友だち募集中!!

私達と一緒に子どもに笑顔を届けませんか?ワークショップ講師大募集♪

イベントの掲載依頼について

注目記事

会社概要。東京イベントプラスの概要をご紹介いたします。

お問い合わせ。皆様からのご質問にお答えいたします。