親子で楽しい週末お出かけ情報「東京イベントプラス」

東京イベントプラス

エリアを選択する

住みやすい街・足立区【治安・子育て・レジャー】

投稿日:2020年07月02日

\\ 友達にもシェアしてあげよう♪ //

LINEで送る


足立区にどんなイメージを持っていますか?

 

足立区と言えば、下町人情あふれる街でいわゆる「江戸っ子」が多い街です。活気があって、昔ながらの近所づきあいが今でも残っている和気あいあいとした雰囲気があります。そんな足立区ですが、メディアでは足立区=治安が悪いと紹介されることがあります。そしてそれを信じている人も多いでしょう。

 

足立区の実態は噂とは違うところがたくさんあります。足立区は若いファミリーも多く、子連れで行きたいお出かけスポットがたくさんあるとってもすみやすい街なんですよ。

 

この記事では、足立区に住みたくなる情報をたっぷりお伝えします!

足立区ってこんな街!

まずは足立区について簡単にご紹介します

 

足立区は東京都23区のうち北東部に位置しています。荒川を境に2つにエリアに分かれていて、隅田川と荒川に挟まれた「千住地区」と荒川より北側の地区で構成されています。

 

人口は約69万人で、東京都23区内では5番目に人口が多い街です。

 

足立区一番の繁華街は「北千住駅」周辺で、次いで「西新井駅」、「竹ノ塚駅」が商業施設の多いエリアになっています。古くからの商店と新しい商業施設が入り混じっていますが、開発が進められてどんどんきれいになっています。

【足立区の治安】

足立区の治安は、エリアによって大きく異なります。たしかに犯罪件数が多いエリアはありますが、区全体ではありません。平成18年~21年までは東京都23区内でワースト1位の治安の悪さだった足立区ですが、この10年ほどで大きく回復していて、平成30年の調査では11位まで改善されています。

 

足立区では犯罪が起きたときの逮捕率がとても高くなっています。警察官とボランティアが協力してパトロールを行ったり、防犯カメラをたくさん設置したりと「犯罪を許さない」という姿勢が見られます。

 

足立区は子どもも多く、20年以上住み続けているという人が多い街です。本当に治安が悪い街だったら定住したくないですし、子どもをその街で育てようとは思いませんよね。子育て世代とされる20代半ば~30代以上の定住率もとても高いんですよ!

【街の雰囲気】

足立区の街の雰囲気は活気があって、人情味も感じられるまさに「下町」です。近所づきあいも多い方で地域の人々が支えあって暮らしているのがわかります。

 

足立区は、年々お年寄りの人口が増加傾向にあります。それと同時に子どもも増えていて、若いファミリーも多いです。近年では、北千住周辺に大きな大学を誘致したこともあって、若い世代の移住率が高くなっています。

 

繁華街である「北千住」「西新井」「竹ノ塚」周辺は賑やかで、個人経営の飲食店、大きな商業施設や娯楽施設があります。

 

北側の居住区は静かな住宅街が多く、公園もたくさんあるエリアになっています。

【足立区の子育て支援】

足立区は、若くして子どもを産み育てている家庭が多いです。育てやすい環境があるが故に定住率も安定して高いのです。

 

「子ども預かり・送迎支援事業」

小学生までを対象に、いつでも必要なときに一時保育をしてくれるサービスです。

 

「きかせて子育て訪問事業」

子育て経験者のあるサポーターが悩みや相談、ちょっとしたグチなどを聞いてくれます。

 

「マイ保育園」

あらかじめ登録しておく必要があります。登録した「マイ保育園(区立保育園等)」で妊娠中から6歳までの子どもがいる家庭を支援してくれます。

 

「産前・産後家事支援事業」

産前6週間から退院後1か月までの妊産婦がいる家庭の家事をサポートしてくれる制度です。買い物や洗濯、食事の支度をお手伝いしてくれます。

 

足立区のおすすめお出かけスポットはここ!

①舎人公園

(出典)https://www.ozmall.co.jp/bbq/13145/

 

舎人公園は広大な敷地面積を誇る緑豊かな公園です。現在も工事中で、最終的な計画では69.5ヘクタールの複合的な施設になる予定です。公園の中心部の大池のそばにはウォータースライダーやじゃぶじゃぶ池もあり、子供たちの水遊び場として大人気です。

 

バーベキュー広場もあり、無料で区画を利用できます。器や食材も持ち込みが可能ですし、敷地内にはおしゃれなバーベキューショップも完備!近くにドッグランもあるのでワンちゃんを含めた家族みんなでのおでかけにとってもおすすめです!

 

住所:東京都足立区舎人公園

電話番号:03-3857-2308

開館時間:常時開園(施設によって利用時間の定めがあります)

アクセス:【電車】都営舎人公園駅から徒歩すぐ

     【車】首都高速足立入谷出入口から尾久橋通り経由2km約5分

公式HP:https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index024.html

 

②タカラ湯

(出典)http://slowtime.net/takarayu/

下町情緒あふれる昔ながらの「銭湯」です。乳幼児から利用でき、大人でも利用料金が470円ととってもリーズナブルです!数多くのメディアで取り上げられており、お湯もさることながら「キングオブ縁側」、「キングオブ庭園」と呼ばれている日本庭園が素晴らしい銭湯です!

 

お風呂上りには親子揃ってビールや牛乳を飲む!というコミュニケーションを楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

住所:東京都足立区千住元町27-1

電話番号:03-3881-2660 

営業時間:15:00〜23:30

アクセス:北千住駅(所要時間:徒歩約20分 )

(JR常磐線・千代田線・日比谷線・東武伊勢崎線・東武線直通半蔵門線・つくばエクスプレス線)

公式HP:http://slowtime.net/takarayu/

 

③西新井住宅公園

(出典)https://www.housing-messe.com/nishiarai.html

昭和49年にオープンした西新井住宅公園は地域に根差したモデルハウス展示場です。

 

モデルハウス展示場をおでかけスポットとしておすすめしたい理由は、「子どもと遊べる」からです!キャラクターショーや謎解きイベント、お祭りに似顔絵サービスなど、子どもだけでなく大人も一緒に楽しめちゃうイベントがたくさん催されています!

 

公式HPではイベントカレンダーが掲載されていますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

住所:東京都足立区栗原1-7

電話番号:03-3850-3050

営業時間:10:00~18:00

アクセス:【車】環七通り 西新井陸橋脇

     【電車】東武スカイツリーライン「西新井駅」東口すぐ

     【バス】都営バス「王40」「王49」乗車、「西新井陸橋」下車すぐ

公式HP:https://www.housing-messe.com/nishiarai.html

 

④足立区生物園

(出典)https://seibutuen.jp/index.html

 

都心にいながら、様々な生物の観察ができる「足立区生物館」園内には、約380種類のさまざまな生きもの(約380種)がいます。子どもたちに人気の動物ふれあいコーナーでは、ウサギやモルモットを抱っこしたり、ヒツジにさわったり、エサやりを体験できます。

 

2階にはお弁当を食べたり休憩できるスペースがあるので、小さい子どもを連れていても安心ですよ。年間パスポートがリーズナブルなので1度行って気に入った方には購入がおすすめです。

 

住所:東京都足立区保木間2-17-1

電話番号:03-3884-5577

開館時間: 月曜定休 

      2月-10月 9:30-17:00

      11月-1月 9:30-16:30

アクセス:【電車】竹ノ塚駅の東口から徒歩約20分(1.5km)

     【バス】★東武バス

         竹の塚駅東口から花畑団地行(保木間仲通り経由)「保木間仲通り」下車徒歩5分

         竹の塚駅東口から綾瀬行き「保木間仲通り」下車徒歩5分

         綾瀬駅西口から花畑団地行き「保木間二丁目」下車徒歩3分

         六町駅から竹の塚駅東口行き(足立総合スポーツセンター経由)「足立総合スポーツセンター前」下車徒歩6分

         ★都営バス

         北千住駅西口から竹の塚駅前行「保木間仲通り」下車徒歩5分

 

    【車】国道4号線「竹の塚交差点」を東方向

公式HP:https://seibutuen.jp/

 

⑤北鹿浜公園

(出典)http://adachikanko.net/spot/play/id-146

北鹿浜公園(きたしかはまこうえん)は、楽しみながら交通ルールを学べる交通公園です。ミニ列車やゴーカートなどの普段乗れない乗り物もあって、子どもたちにとってはミニ遊園地

として人気があります。

 

園内に展示してある本物の消防車の運転席に乗ったり、自動で走る模型の列車で遊んだり、「乗り物好き」の子どもたちはもちろんそうでなくてもワクワクあうる工夫がされています。

 

ほとんどの乗り物が無料ですが、有料のものも100円以下で楽しむことができます。お弁当の持ち込みができるので1日かけて遊ぶのも楽しそうですね。

 

住所:東京都足立区鹿浜三丁目26番1号

電話番号:03-3897-8030

開館時間:【11月~1月】9:30~16:00

     【2月~4月】 9:30~17:00

     【5月~8月】9:30~17:30

     【9月~10月】9:30~17:00

アクセス:■東武伊勢崎線 西新井駅東口下車→コミュニティバスはるかぜ「鹿浜都市農業公園行」にて「北鹿浜小南まで→バス停より徒歩2分

■東武伊勢崎線 西新井駅西口下車→東武バス「鹿浜都市農業公園行」にて「鹿浜中学校」まで→バス停より徒歩3分

■日暮里・舎人ライナー 西新井大師西駅下車→コミュニティバスはるかぜ「鹿浜都市農業公園行」にて「北鹿浜小南」まで→バス停より徒歩2分

公式HP:https://parks.prfj.or.jp/kitashikahama/

 

知っておきたい足立区の防災情報

大雨や地震などの自然災害は、どこで暮らしていても逃げられないものですが、事前の備えをしておけばその被害を最小限に留めることができます。自分で自分や家族の身を守る防犯も同じです。

 

足立区では、防災・防犯に関してスマートフォンアプリでの注意喚起や情報提供を行っています。行政と区民が一体となって防犯・防災に努めています。

 

「足立区防災ナビ」

防災マップや洪水ハザードマップ、区ホームページの新着情報の表示に加え、懐中電灯や笛の使用など通常は個別に起動する必要のある機能を「足立区防災ナビ」一つで行えます。

 

「あだち防災マップ&ガイド」

避難場所や避難所の地図、地震から身を守るための様々な情報が掲載されています。区民へ配布されましたが、転入の場合には各区民事務所、災害対策課の窓口で無料でもらえます。

 

「ながら見守り活動」

散歩や通勤など街を歩き「ながら」まわりに目を向けてパトロールをしようという活動です。不審者を見つけた場合には、通報するまでが活動範囲なので危険な活動はありません。

 

まとめ:足立区は子育て世代から支持される住みやすい街!

いかがでしたか?

 

街の雰囲気や楽しいお出かけスポットなど、足立区には魅力がたくさんあります!地域の取り組みや行政の子育て支援を見ただけでも「定住率が高い理由」が分かりますよね。若い世代が子どもを産んでも足立区を離れず定住する理由が分かっていただけたと思います。

 

もし足立区に住んでみたいなと思ったら、一度西新井住宅公園に一度遊びに行ってみませんか?

 

予約はこちらからできます!https://www.housing-messe.com/nishiarai.html

 

サイト内検索

メルマガ会員募集中。東京イベントプラスの情報をメールでお届けします

子どもを笑顔にするお得な神奈川イベント情報サイト。神奈川イベントプラス〜ココロうごかす イベントプラス。親子で楽しいお得な週末お出かけ情報

お得な週末お出かけ情報やキャンペーン情報を発信♪たくさんのパパ・ママに大好評! LINE@友だち募集中!!

私達と一緒に子どもに笑顔を届けませんか?ワークショップ講師大募集♪

注目記事

会社概要。東京イベントプラスの概要をご紹介いたします。

お問い合わせ。皆様からのご質問にお答えいたします。