親子で楽しい週末お出かけ情報「東京イベントプラス」

東京イベントプラス

エリアを選択する

【目黒区】防災マップとハザードマップを要確認!素早い情報収集で安全に避難しよう

更新日:2021年10月19日

投稿日:2021年10月17日

\\ 友達にもシェアしてあげよう♪ //

LINEで送る


出典:photoAC

 

「暮らしやすい街」というイメージがある目黒区。地盤がしっかりしているため、地震にも強いと言われています。自然に囲まれているわけではないものの、地域によっては土砂災害や水害に巻き込まれてしまう場所もあります。家族で安心して暮らしていくためにも、目黒区の防災マップとハザードマップをチェックして、事前に対策をしておきましょう。この記事では目黒区の防災マップとハザードマップについてや、いざというときに素早く情報を収集できるサービスなどをご紹介します。災害時に安全に避難するためにも、しっかりと確認しておきましょう。

 

 

防災マップとハザードマップの違いとは

出典:photoAC

テレビなどでよく耳にすることも多い「防災マップ」と「ハザードマップ」。災害時によく聞く言葉ですが、どう違うのかは知らないという人も多いのではないでしょうか。防災マップは、台風などによる災害が起きたときの避難場所が地域ごとに記載されている地図のこと。そしてハザードマップは、洪水や土砂崩れなどの災害が起こる可能性がある場所を記載した地図のことを指します。災害が起きたときに自身が避難すべき場所はどこなのか、自分が住んでいる場所はどのような災害が起きる可能性があるのかなどを知ることができます。特に子育てをしている家庭では、登下校の通行ルートは安全なのか、いざという時に子どもを連れて避難しやすい場所はどこなのかなどを、事前に確認しておくことができますよ。

 

目黒区のハザードマップ

出典:photoAC

 

目黒区のHPでは、防災マップとハザードマップを合わせたものを「水害」と「土砂災害」ごとにわけて公開しています。

 

水害マップでは目黒区全体の地図、土砂災害マップでは土砂災害警戒地区である、駒場一丁目、青葉台二丁目・三丁目、大橋二丁目、上目黒一丁目、中目黒一丁目・四丁目、三田一丁目、目黒一丁目・四丁目、下目黒一丁目・三丁目と、土砂災害特別警戒地域である、青葉台二丁目・三丁目、大橋二丁目、上目黒一丁目、中目黒一丁目・四丁目、目黒一丁目・四丁目、下目黒一丁目を対象に記載されています。

自分が住んでいる地域ではどんな災害が起こりうるのか、いざというときのためにしっかりと確認しておきたいですね。

 

水害マップ

 

水害マップには、台風や大雨などによる洪水や浸水、冠水などが起こりうる地域、避難場所が記載されています。特に家の近くに川があったり、大きな用水路などがあったりする場合には、できるだけ早めに避難するようにしましょう。また夜の避難は視界が悪く、避難中に災害に巻き込まれてしまう危険性もあります。特に小さい子ども連れの場合、夜に連れて出るのは大変なので、できるだけ明るいうちに避難しておくと安心です。

 

土砂災害マップ

 

土砂災害マップには、土砂災害が起きやすい場所、大きな地震が発生したり土砂災害があったときに避難できる場所が記載されています。台風の影響で大雨が降ったり、長期間雨が降り続けたりすると地盤が緩んでしまい、いつ土砂崩れが起きるかわかりません。また、地盤が緩んでいるところに地震が起きた場合、どの影響で斜面が崩れてしまう可能性もあります。家のすぐそばに山の斜面がある場合や、ハザードマップで警戒地域に指定されている場合は、特に注意しておきましょう。夜間など寝ている間に土砂災害に巻き込まれる可能性もあるので、早めの避難が大切です。「今までも大丈夫だったから」と過信せず、「念のための避難」を心がけるようにしましょう。

 

 

目黒区の災害情報はどこで知れるの?

出典:photoAC

目黒区で土砂災害や水害が起こりそうな場合や起こってしまった場合、いち早く災害の情報を確認したいですよね。ここでは目黒区の災害情報はどこで確認できるのかをご紹介します。

 

目黒区によるメール配信

目黒区では、事前に「目黒区防災気象情報メール」に登録しておくことで、土砂災害や水害だけでなく、大雨などの警報や注意報、竜巻の発生情報などをメールで受け取ることができます。ほかにも目黒区の河川水位側点である青葉台、宿山橋、田楽橋、下目黒、工大橋の水位が警戒水位よりも増えた場合、その後警戒水位よりも減った場合に知らせてくれます。通勤や通学で河川付近を通るという場合にも、事前に知っておくと対策ができるので安心ですね。

 

目黒区公式HP 目黒区防災気象情報メール新規登録 https://www.city.meguro.tokyo.jp/online/bosaikisho.html

 

 

目黒区防災気象情報サイト

目黒区防災気象情報サイトでは、目黒区の各地域の雨量情報や水位情報、土砂災害や水害による警戒情報を公開しています。大きな台風が近づいている場合や自分の住んでいる地域の雨量が気になってときに活用しましょう。また、ライブカメラにて宝来橋と太鼓橋の水位の状況を確認することができます。川の様子が気になっても絶対に直接見に行くようなことはです、こういったライブカメラ映像などをチェックするようにしましょう。

 

目黒区防災気象情報サイト https://meguro-city.bosai.info/s/

 

目黒区防災地図アプリ

目黒区が配信している防災地図アプリです。目黒区の防災マップやハザードマップ、避難場所の開設情報などを確認することができます。スマホさえあればどこでもチェックできるので、便利ですね。アプリにはGPSの機能もつけられているので、避難場所へのルート案内も行うことができます。避難時に道に迷ってしまった、引っ越してきたばかりでまだ土地勘がないという人にも安心できる機能ですが、いざというときに焦ることのないよう、事前に避難場所へのルートは知っておくほうが安全です。また、アプリのプッシュ通知機能をONにしておくことで、災害時の避難情報をスマホに通知してくれますので、事前にダウンロードしておきましょう。ダウンロードしておくと、災害時にスマホのインターネット通信ができない場合でも、地図の閲覧や避難所までのルート確認を行うことができますよ。

 

目黒区HP 目黒区防災地図アプリダウンロード

https://www.city.meguro.tokyo.jp/kurashi/anzen/bosai/map/bosai_app.html

 

目黒区観光・防災ポータル公式Twitter

目黒区の災害情報や気象情報、観光情報を発信している公式Twitterです。災害時の情報だけでなく、子ども連れで参加できるイベントや児童館の情報なども発信していますので、Twitterを利用している人は事前にフォローしておき、すぐに情報を受け取れるようにしておいましょう。

 

目黒区観光・防災ポータル公式Twitter(@tokyomegurocity

 

 

まとめ

目黒区の防災マップ、ハザードマップについてご紹介しました。近年では地球温暖化の影響もあり、季節外れの台風やゲリラ豪雨などにより、今まで経験したことのないようなレベルの災害が起こっています。いざというときのために、自宅や職場、子どもの通学ルートなどを防災マップ、ハザードマップと照らし合わせてチェックしておきましょう。特に小さな子どものいるお家では早め早めの行動が重要です。できる対策は事前に行っておき、災害時はスムーズに避難できるように家族で話し合い、シュミレーションしておきましょう。

 

サイト内検索

メルマガ会員募集中。東京イベントプラスの情報をメールでお届けします

子どもを笑顔にするお得な神奈川イベント情報サイト。神奈川イベントプラス〜ココロうごかす イベントプラス。親子で楽しいお得な週末お出かけ情報

お得な週末お出かけ情報やキャンペーン情報を発信♪たくさんのパパ・ママに大好評! LINE@友だち募集中!!

私達と一緒に子どもに笑顔を届けませんか?ワークショップ講師大募集♪

イベントの掲載依頼について

注目記事

会社概要。東京イベントプラスの概要をご紹介いたします。

お問い合わせ。皆様からのご質問にお答えいたします。