親子で楽しい週末お出かけ情報「東京イベントプラス」

東京イベントプラス

エリアを選択する

立飛駅周辺で子連れにおすすめの遊び場11選!親子で遊びにでかけちゃおう!

更新日:2022年02月08日

投稿日:2022年02月10日

\\ 友達にもシェアしてあげよう♪ //

LINEで送る


出典:photoAC

 

今回は、多摩都市モノレールの「立飛駅」周辺でおすすめの遊び場を調べてみました。立川には子連れにおすすめの遊び場がたくさんありますが、その中でも、「立飛駅」周辺に絞ってご紹介します。

おでかけ先に迷ったら、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

1. ららぽーと立川立飛

駅に直結しているのでアクセスも良く、ショッピングやご飯、遊びもできちゃうので、子連れにもおすすめのスポットです。駐車場も完備されていて、駐車券サービスもあるので、車でもおでかけしやすいですよ。

授乳室やベビールーム、おむつ交換台も完備されているので子連れでも安心して一日中遊べます。コインリターン式のベビーカーもあるので便利ですよ。

施設名:ららぽーと立川立飛

住所:東京都立川市泉町935-1

営業時間:

 ショッピング・サービス 10:00~20:00

 フードコート 平日11:00~20:00 土日祝10:30~20:00

 飲食・レストラン街 11:00~21:00

 スーパーマーケット 10:00~21:00

アクセス:多摩都市モノレール「立飛駅」直結

公式サイト:https://mitsui-shopping-park.com/lalaport/tachikawa/

 

 

2. しろたんフレンズミュージアム

ららぽーと立川立飛内にあるキャラクターの「しろたん」のショップに隣接したプレイゾーンです。ショップで販売しているおもちゃで遊べたり、ボールプールやおままごと、ベビーコーナーなどがあります。また、幼児教室の「しろたん教室」も開催しているので、興味のある方は覗いてみてはいかがでしょう。ららぽーと立川立飛の一角にあるので、ベビールームなどもそちらを使えます。

施設名:しろたんフレンズミュージアム

住所:東京都立川市泉町935-1 ららぽーと立川立飛3階

料金:大人/330円、1歳〜8歳/1時間440円(延長30分ごと220円)、6カ月〜1歳/無料

 ※お子様だけのご利用はできません

営業時間:10:00〜21:00、休業はららぽーと立川立飛の休館日に準ずる

アクセス:多摩都市モノレール「立飛駅」直結

公式サイト:

https://sirotan.fun/

https://mitsui-shopping-park.com/lalaport/tachikawa/shopguide/702852.html

 

 

3. ららぽーと公園

ららぽーと立川立飛の屋外にある公園ですが、2022年1月17日〜3月25日までリニューアル工事をしています。従来の遊具に新しい遊具が加わり、さらに楽しい遊び場へとパワーアップするとのこと。雲形のトランポリンや飛行機型の遊具などが増える予定で、子どもがますます楽しめるスポットになりますよ。公園がリニューアルしたら、子どもとおでかけしてみませんか?

施設名:ららぽーと公園

住所:東京都立川市泉町935-1 ららぽーと立川立飛1階

アクセス:多摩都市モノレール「立飛駅」直結

公式サイト:https://mitsui-shopping-park.com/lalaport/tachikawa/info/2064829.html

 

 

4. 緑町北公園

「立飛駅」の隣の駅「高松駅」の目の前ですが、「立飛駅」から歩いても10分くらいで行けます。遊具はもちろん、トイレもありおむつ交換台も設置してあるので、子連れで行きやすい公園です。駐車場はないので、近隣の有料駐車場をご利用ください。

施設名:緑町北公園

住所:東京都立川市緑町8

アクセス:多摩都市モノレール「高松駅」すぐ

参考サイト:https://waccacitta.com/asobu/152/

 

 

5. グリーンスプリングス

 

グリーンスプリングスは敷地内にショップはもちろん、カフェやレストラン、公園、ホール、ホテル、オフィス、さらにはアートまでを兼ね備えた施設です。さまざまな利用ができるので目的のついでにいろいろ楽しめちゃいます。

最寄り駅は「立川北駅」ですが、「立飛駅」から歩いて15分ほどで到着します。国営昭和記念公園とも隣接しているので、公園の帰りに立ち寄ったりもできますよ。駐車場も完備してあり、180台ほどですが駐車券サービスもあるので、利用しやすいです。トイレも各所にあり、ベビールームもあるので、小さなお子様連れでもおでかけしやすいですよ。

施設名:グリーンスプリングス

住所:東京都立川市緑町3-1 GREEN SPRINGS W3

営業時間:各店舗による

アクセス:

 JR「立川駅」より徒歩8分

 多摩都市モノレール「立川北駅」より徒歩4分

公式サイト:https://greensprings.jp/

 

 

6. PLAY!MUSEUM&PARK

 

この投稿をInstagramで見る

 

PLAY!(@play_2020_04)がシェアした投稿

 

グリーンスプリングスの一角にある、美術館と遊び場がセットになった施設です。イベントやワークショップもあり、子どももいろいろな遊びができます。施設内には、授乳室やおむつ替えスペースなどがあるので、小さなお子様もOKですよ。

 

施設名:PLAY!MUSEUM&PARK

住所:東京都立川市緑町3-1

料金:

【MUSEUM】一般/1,500円、大学生/1,000円、高校生/800円、小・中学生/500円

【PARK】

・平日 

 大人/一日券 1,100円、夕方券 900円

 3~12歳/一日券 2,200円、夕方券 2,000円

 3歳未満/一日券1,700円、1,500円

・休日

 大人/一日券 1,100円、3時間券 900円

 3~12歳/一日券 2,500円、3時間券 2,300円

 3歳未満/一日券 2,000円、3時間券 1,800円

※立川市民割引あり

 

営業時間:

【MUSEUM】平日/10:00~17:00(最終入場16:30)、休日/10:00~18:00(最終入場17:30)

【PARK】平日/10:00~17:00(最終入場16:00)、休日/10:00~18:00(最終入場17:00)

【SHOP】平日/10:00~17:30、休日/10:00~18:30

【CAFE】平日/10:00~18:00(L.O.17:30)、休日/10:00~19:00(L.O.18:30)

アクセス:

 JR「立川駅」より徒歩8分

 多摩都市モノレール「立川北駅」より徒歩4分

公式サイト:https://play2020.jp/

 

 

7. 国営昭和記念公園

立川の有名スポットである国営昭和記念公園もとってもおすすめです。一日中、体をめいっぱい動かして遊ぶことができます。子どもに大人気なのはこどもの森ですが、園内をレンタルサイクルで動き回るのもおすすめです。

赤ちゃん休憩室も各所にあり、おむつ交換台も各所に設置してあるのでお子様連れでも安心して遊びまわれます。園内にレストランなどもあるので、ご飯を持参しなくても大丈夫ですよ。「立飛駅」から歩いて15分ほどで公園まで着きますが、公園内がとっても広いので目的地までさらに歩く場合があります。

施設名:国営昭和記念公園

住所:東京都立川市緑町3173

料金:一般/450円、シルバー(65歳以上)/210円、小人/無料

営業時間:

 春季・秋季(3月~春分の日の前日、10月)9:30~17:00

 3月の春分の日~3月末 9:30~17:30

 夏季(4月~9月)9:30~18:00

 冬季(11月~2月)9:30~16:30

アクセス:

【電車】JR青梅線「西立川駅」より徒歩2分

【車】中央自動車道「国立府中I.C.」より国道20号を立川方面へ約8km

公式サイト:https://www.showakinen-koen.jp/

園内マップ:https://www.showakinen-koen.jp/wp-content/uploads/webmap_japanese.pdf

 

 

8.立川防災館

立川防災館では遊びながら防災の知識と体験を得ることができちゃいます。

クイズやミニゲーム、ミニシアターのほかに、煙体験室、地震体験室、消火訓練室など、実際に自分で体験することもできます。

いざという時のために、一度は家族で行ってみてはいかがでしょう。

「高松駅」から徒歩15分ほどですが、「立飛駅」からは歩いて20分ほどで行くことができます。

施設名:立川防災館

住所:東京都立川市泉町1156-1

料金:無料

営業時間:9:00~16:30

定休日:毎週木曜日・第3金曜日(祝日場合はその翌平日)、年末年始(12月29日~1月3日)

※曜日に関わらず、次の日は開館します。

 9月1日(防災の日)

 10月1日(都民の日)

 1月17日(防災とボランティアの日)

アクセス:多摩都市モノレール「高松駅」より徒歩15分

公式サイト:https://tokyo-bskan.jp/bskan/tachikawa/

 

 

9. 屋内・冒険の島 ドコドコ

 

遊び場と音とグラフィックが融合した、屋内プレイランドです。中には遊具や特殊な砂場など公園のようですが、「きのこのこ」と呼ばれる不思議なキノコの妖精たちが隠れているので見つけてみてくださいね。全5エリアに分かれていて、それぞれのコンセプトに合わせて、遊具や音、グラフィックが特徴のあるものになっています。複合遊具やふわふわドーム、クライミング、砂場など、それぞれの子どもに合った遊び場が見つかりますよ。

場内にはトイレがありませんが、高島屋内のトイレを利用できます。また、ベビールームも9階にあるので、小さなお子様連れでもおでかけしやすいですよ。ショッピングのついでや、子どもが買い物に飽きたら立ち寄るのもアリですね。最寄り駅は「立川北駅」ですが、「立飛駅」から徒歩20分くらいで行くことができます。

施設名:屋内・冒険の島 ドコドコ

住所:東京都立川市曙町2-39-3 立川髙島屋S.C. 8階

料金:

【通常料金】おとな/715円、こども(2~12歳)/1時間1,430円(延長30分ごと715円)、幼児(6ヶ月~23ヶ月)/1時間935円(延長30分ごと462円)

【平日1日フリーパス】おとな/715円、こども・幼児(6ヶ月~12歳)/1,980円

営業時間:10:00~17:00(最終入場16:30)

アクセス:

 多摩都市モノレール「立川北駅」より徒歩3分

 JR「立川駅」より徒歩4分

公式サイト:https://bandainamco-am.co.jp/others/docodoco/

 

 

10. 国立極地研究所 南極・北極科学館

 

国立極地研究所 南極・北極科学館は南極や北極の研究結果を分かりやすく展示しています。標本などの「実物」を展示していたり、隕石や南極の氷に「触れる」ことができたり、昭和基地のライブ「映像」やドーム型のオーロラシアターで「映像」を見ることができたり、子どもたちの知的好奇心をバンバン刺激してくれます。5億年前の岩石が入口に展示してありますので、ぜひチェックしてみてください。高松駅から徒歩10分ですが、立飛駅からも徒歩12分くらいで着いちゃいます。駐車場もあるので、車でも来館できますよ。授乳室はありませんが、多目的トイレにおむつ交換台が設置してあります。ただし、おむつのゴミは持ち帰りですので、注意してください。

施設名:国立極地研究所 南極・北極科学館

住所:東京都立川市緑町10-3

料金:無料

営業時間:10:00~17:00

 ※現在、毎週金曜日のみで予約制

 ※団体予約受付、電話対応はおこなっておりません。

アクセス:多摩都市モノレール「高松駅」より徒歩10分

公式サイト:https://www.nipr.ac.jp/science-museum/

 

 

11. タチヒビーチ

 

この投稿をInstagramで見る

 

tachihibeach(@tachihi_beach_official)がシェアした投稿

 

タヒチビーチでは、BBQをしながらビーチで遊ぶことができます。全席が食材の持ち込みOKなので、すぐそばの「ららぽーと立川立飛」で買い物して向かうのが楽ちんでおすすめです。もちろん、買い物してからの来場もOKです!BBQを楽しみながら、ビーチで遊ぶことができるので、砂場遊びが好きなお子様がいるならぴったりですよ。

トイレはありますが、授乳室やおむつ替えはそばの「ららぽーと立川立飛」がスムーズです。駅近でアクセスも良いですが、駐車場はないので、近隣の有料駐車場をご利用ください。

施設名:タチヒビーチ

住所:東京都立川市泉町935

料金:中学生以上/1,700円~、小学生以上/850円~、未就学児/無料

営業時間:10:00~22:00

定休日:年中無休

アクセス:多摩都市モノレール「立飛駅」より徒歩2分

公式サイト:https://www.tachihi-beach.com/

 

 

まとめ

出典:photoAC

 

 

いかがでしたか?今回は「立飛駅」周辺の子連れにおすすめの遊び場をご紹介しました。

立飛駅の周辺にはショッピングモールや公園、プレイランドなどさまざまなスポットがあります。子どもと一緒に大人も楽しめるスポットがたくさんあるので、ぜひ家族ででかけてみてはいかがですか?

 

 

 

サイト内検索

メルマガ会員募集中。東京イベントプラスの情報をメールでお届けします

子どもを笑顔にするお得な神奈川イベント情報サイト。神奈川イベントプラス〜ココロうごかす イベントプラス。親子で楽しいお得な週末お出かけ情報

長野イベントプラス

お得な週末お出かけ情報やキャンペーン情報を発信♪たくさんのパパ・ママに大好評! LINE@友だち募集中!!

私達と一緒に子どもに笑顔を届けませんか?ワークショップ講師大募集♪

イベントの掲載依頼について

注目記事

会社概要。東京イベントプラスの概要をご紹介いたします。

お問い合わせ。皆様からのご質問にお答えいたします。