親子で楽しい週末お出かけ情報「東京イベントプラス」

東京イベントプラス

エリアを選択する

【東京】彼岸花の名所10選!無料で楽しめるスポット&低料金で遊べる施設

投稿日:2022年08月31日

\\ 友達にもシェアしてあげよう♪ //

LINEで送る


出典:PAKUTASO

 

初秋の便りを運んでくる彼岸花。お彼岸が近くなる頃にあちらこちらで咲きはじめます。お子さんと散歩の途中で目にした時、「彼岸花の名所に行ってみたい。」と思われたパパママも多いのではないでしょうか?秋の景色を赤く染め上げる妖艶なイメージの花ですよね。東京都内で観ることができる彼岸花の名所を訪ねて、ノスタルジックな世界を楽しんでみませんか。

そこでこの記事では、無料で楽しめる彼岸花の名所や、パパママが低料金でお子さんと一緒に遊べる彼岸花の名所を紹介します。都内では都内では例年9月の中旬から下旬頃までが見ごろです。とっておきの穴場スポットもありますので、最後まで楽しんでくださいね。

 

無料で楽しめる東京の彼岸花名所

ヒガンバナの丘(水元公園)

 

葛飾区にある水元公園の「ヒガンバナの丘」が真っ赤に染まります。園内の「はなしょうぶ園」付近で観ることができますよ。あちらこちらに白い彼岸花も混ざり、赤と白のコントラストがとっても綺麗です。満開の季節になると写真を撮ったり、絵を描いたりして、おもいおもいの曼珠沙華を堪能する人たちが集まります。入園料無料でお子さんも楽しめるエリアもあるのでおすすめの名所です。

 

子連れおすすめスポット

大型遊具で遊べる「冒険広場」がありますよ。「オニバス池」や「ごんぱち池」付近にも遊具があります。予約制となりますが、手ぶらでバーベキューも楽しめます。また、売店やレストランも利用できます。

 

ママと赤ちゃんのコーナー

ベビーベット15箇所あり / 授乳室あり(水辺の生きもの館)

 

基本情報
管理事務所:水元公園サービスセンター
住所:東京都葛飾区水元公園2-8
電話番号:03-3607-8321
入園料:無料
駐車場:311台(有料)
アクセス:
JR常磐線・東京メトロ千代田線「金町駅」より京成バス(戸ヶ崎操車場または西水元三丁目行き)「水元公園」下車 徒歩7分
公式HPはこちら 

 

ヒガンバナ群生地(野川公園)

出典:photoAC

 

小金井市の野川公園は武蔵野地域にある都立公園です。「ヒガンバナ群生地」として知られている名所が自然観察園にあり、彼岸花が満開を迎えると赤な絨毯のように辺り一面に広がります。園内は例年9月中旬から下旬頃が見ごろです。暑い夏が早く終わって欲しいと思わせてしまうような、野性味溢れた花の魅力を感じますね。うっとりとしてしまいますが、野川公園にもお子さんが楽しく過ごせる遊び場がありますよ。入園料も無料です。

 

子連れおすすめスポット

複合遊具やターザンロープで遊べる「わんぱく広場」があり、そのお隣の「アスレチックコース」で思いっきり身体を動かせますよ。園内は火気厳禁となっていますが、お持ち込みでバーベキューもできる施設もあります。軽食や飲み物が買える売店も利用できます。

 

ママと赤ちゃんのコーナー

ベビーベット、ベビーチェアー5箇所あり / 授乳室あり(野川公園サービスセンター

 

基本情報
管理事務所:野川公園サービスセンター
住所:東京都小金井市東町1-6
電話番号:0422-31-6457
入園料:無料
アクセス:西武多摩川線「新小金井駅」または「多磨駅」徒歩15分
駐車場:233台(有料)
公式HPはこちら 

 

曼珠沙華の丘(根川緑道)

暑さも和らぎ、秋の訪れを感じ始めた頃におでかけしてみませんか?根川沿いを立川公園球技場に向かって歩いて行くと、錦町下水処理場の近くに赤々と燃えるように咲き誇る曼珠沙華が見えて来ますよ。目立った遊び場はありませんが、彼岸花を愛でながらお子さんを連れて根川緑道を散歩してみたいですね。近くにお住まいのパパママにおすすめしたい名所です。

 

基本情報
施設:立川公園
住所:東京都立川市錦町5-19
電話番号:042-528-4363(まちづくり部公園緑地課)
アクセス:JR「立川駅」南口より徒歩約15分
公式HPはこちら

 

町田薬師池公園 薬師池

町田市にある薬師池公園は、四季の色鮮やかな花々が楽しめる公園です。秋になると薬師池の彼岸花が主役になります。真っ白い彼岸花が赤に寄り添うように点々と咲いている姿がとても印象的です。2007年に「日本の歴史公園100選」に選ばれ、都内では日比谷公園、浜離宮恩賜庭園など17公園に並ぶ町田市の代表的な公園です。

 

子連れおすすめスポット

まちだリス園が隣接しています。たくさんの種類の可愛いリスたちと触れ合うことができます。また、公園内にはお休み処や売店もあります。

 

基本情報
施設管理:町田市公園緑地課
住所:東京都町田市野津田町3270
電話番号:042-724-4399
開園時間:6:00〜18:00

※6月〜8月のみ6:00〜19:00

休園日:年中無休

入園料:無料

駐車場:有り(1時間無料)

アクセス:

小田急電鉄「町田駅」北口より本町田経由鶴川行き、または本町田経由野津田車庫行きバスで「薬師池」か「薬師ヶ丘」停留所下車。

公式HPはこちら 

 

大木島自然公園

 

日野市にある自然豊かな長閑な公園です。毎年9月下旬頃になると群生のように咲き誇る見事な彼岸花を堪能することができます。シーズン中でも混雑をしないとっておきの穴場スポットとなりますが、日野市は大木島自然公園の他に高幡不動尊境内でも彼岸花を見ることができます。開放的な原っぱや雑木林で子どもと一緒にお散歩をしたり、どんぐり拾いをして楽しめる公園です。

 

基本情報
施設管理:日野市(環境共生部 緑と清流課)
住所:東京都日野市万願寺6-6
電話番号:042-585-1111(環境共生部)
入園料:無料
アクセス:京王線「高幡不動駅」より徒歩15分
公式HPはこちら

 

新宿中央公園

出典:photoAC

 

都会の公園で健気に咲く彼岸花に心を奪われます。新宿中央公園は子連れでおでかけしても楽しめる公園ですが、お仕事帰りや、お昼の休憩時間に利用しやすいエリアなので、ついふらっと寄ってみたくなりますね。束の間のひととき、1人でそっと彼岸花を堪能できる場所としておすすめの都心の名所です。園内にはカフェやレストラン、展示室のあるギャラリーもあります。

 

子連れおすすめスポット

大型複合遊具が新しくオープンしたばかりの「ちびっこ広場」で遊べます。また、ベビー対応トイレが公園内に6ヶ所あります。

 

基本情報
施設管理:新宿中央公園管理事務所
住所:東京都新宿区西新宿2-11
電話番号:03-3342-4509

入園料:無料
アクセス:都営大江戸線「都庁前駅」すぐ
備考:一部の施設は利用日時あり。
公式HPは
こちら

 

みずほエコパーク

 

施設の北側付近の樹木林に咲いている彼岸花を紹介します。こちらでは、地元の方がエコに取り組む活動をしています。みんなが協力をして彼岸花の球根を植え、真心を込めて育てた群生を観ることができ、東京では穴場のポイントとなっています。混雑を避けてお子さんと一緒にゆっくり観察したいパパママにおすすめです。開園日時がシーズンによって異なりますので、おでかけ前にチェックしてみてください。

 

基本情報
施設管理:瑞穂町(住民部 環境課 ごみ対策係)
住所:東京都西多摩郡瑞穂町大字箱根ケ崎1736
電話番号:042-557-5364

開園時間:
4月1日〜5月31日 6:00〜18:00
6月1日〜8月31日 6:00〜19:00
9月1日〜10月31日 6:00〜17:00
11月1日〜2月末日 6:30〜16:00
3月1日〜3月31日 6:30〜17:00

アクセス:
【電車】JR「箱根ケ崎駅」より徒歩5分 
【車】首都圏中央連絡自動車道青梅ICより約15分
駐車場:156台 無料

公式HPはこちら

 

低料金で遊べる東京の彼岸花名所

府中市郷土の森博物館

府中市にある彼岸花の名所として知られています。見頃の時期を迎えると多くの人が写真を撮りに訪れる人気スポットです。「府中市郷土の森公園」内にある博物館で見ることができます。館内は約8000本の赤白彼岸花が植えられ、ピーク時には一斉に咲くので圧巻の景色ですよ。4歳未満は入館料無料となっています。また、公園内は子連れで楽しめる施設がたくさんあるのでおすすめのスポットです。

 

子連れおすすめスポット

①プラネタリウム 

大人600円、中学生以下300円、4歳未満無料!

②ゴーカート

府中市郷土の森公園内にあり、1回100円で遊べます。(小さいお子さんはパパママと一緒に乗って遊んでね!)

③ミュージアムショップや軽食や飲み物が買える売店あり

 

【基本情報】
施設管理:府中市郷土の森博物館運営グループ
住所:東京都府中市南町6-32
電話番号:042-368-7921

開館時間:9:00〜17:00
休館日:年間休館日情報はこちら

入館料:
大人 300円
中学生以下 150円
4歳未満は無料

アクセス:
【電車】武蔵野線・南武線「府中本町駅」より徒歩20分(バスは土日祝日のみ運行)
【車】中央自動車道・国立府中ICより10分
駐車場:約400台(無料)

公式HPはこちら

 

国営昭和記念公園

立川市にある国営昭和記念公園は見どころ、遊びどころ満載の大きな公園です。彼岸花が咲いている場所は数カ所あり、それぞれ違った楽しみ方ができるのでご紹介しますね。まず、「眺めのテラス南西花壇」と呼ばれる場所があります。こちらでは、たくさんの彼岸花が群生しています。満開の時期は見応えがあるスポットですよ。

そして、「こもれびの里」エリアは、園内を散策しながら自然の風景の中で咲く彼岸花を観ることができます。入園するゲートを確認しておくと、園内で迷うことなく、お目当ての彼岸花ポイントまでスムーズに移動できますよ。何と!中学生以下のお子さんは入園料無料です♪また、年度毎に発表される無料入園日もあるので、ぜひ公式HPをチェックしてみてくださいね。

 

子連れおすすめスポット

①ふれあい広場

芝生の上で休んだり、お弁当を食べたりして過ごせます。

②ボートハウス(時間制有料)

水鳥の池で、ローボートやサイクルボートが楽しめます。

③わんぱくゆうぐ、こどもの森

複合遊具やふわふわドームで小さいお子さんも遊べますよ。

 

ママと赤ちゃんのコーナー

赤ちゃん休憩室が数カ所あり

 

基本情報
施設管理:昭和記念公園管理センター
住所:東京都立川市緑町3173
電話番号:042-528-1751(自動音声案内)
開園時間・休園日のご案内はこちら

入園料:
大人(高校生以上)450円
小人(中学生以下)無料

アクセス:
<立川ゲート>
【電車】
・JR中央線「立川駅」北口より徒歩18分
・多摩都市モノレール「立川北駅」公園口より徒歩16分
【車】
・中央自動車道「国立府中IC」立川方面へ約8㎞
・中央自動車道「八王子IC」昭島方面へ約9㎞

<砂川ゲート>
【電車】
・西武拝島線「武蔵砂川駅」より徒歩20分
【車】
・中央自動車道「国立府中IC」立川方面へ約10㎞
・中央自動車道「八王子IC」昭島方面へ約10㎞
駐車場:有料

公式HPはこちら

 

神代植物公園

えっ?ピンクの彼岸花!でも綺麗ですよね。調布市にある「神代植物公園」には、たくさんの種類のヒガンバナ科の植物が見られます。一見、彼岸花とは思えないような珍しい花に出会えますよ。園内は彼岸花の他にも「ばら園」が見どころ!国際ばらコンクール花壇では貴重なバラを観ることもできます。秋の風物詩の彼岸花と馨しい秋バラが両方楽しめますよ。

 

子連れおすすめスポット

広々とした「芝生広場」があります。子供たちがのびのび遊ぶのにピッタリの場所です。また、売店やレストランもあります。

 

ママと赤ちゃんのコーナー

授乳室あり(針葉樹園付近にある「園内情報棟」)/おむつ交換台数カ所あり

 

【基本情報】
管理事務所:神代植物公園サービスセンター
住所:東京都調布市深大寺元町5-31-10
電話番号:042-483-2300

開園時間:9:30〜17:00(水生植物園は16:30まで)
休園日:毎週月曜日(祝日・振替休日の場合はその翌日が休園日)、年末年始

入園料:
一般・大人 500円(年間パスポート2,500円)
中学生 200円(都内在住・在学の中学生は無料)
小学生以下無料

アクセス:
【電車・バス】
・京王線「調布駅」より小田急バス(12番乗り場)から吉祥寺駅または三鷹駅行き「神代植物公園前」下車
・JR中央線「三鷹駅」(2番乗り場)または「吉祥寺駅」(4番乗り場)から小田急バス調布駅北口または深大寺行き「神代植物公園前」下車
【車】中央自動車道の調布ICより5分
駐車場:有料

公式HPはこちら

 

まとめ

東京の彼岸花名所10選!無料で楽しめるスポット&低料金で遊べる施設を紹介しました。お気に入りの彼岸花スポットは見つかりましたか?東京23区から離れた名所が多いのですが、都心のお寺や神社、公園などでも咲いている所があります。お仕事の帰り道、お買い物やお散歩の途中でも目にすることができますよ。

 

 

 

サイト内検索

メルマガ会員募集中。東京イベントプラスの情報をメールでお届けします

子どもを笑顔にするお得な神奈川イベント情報サイト。神奈川イベントプラス〜ココロうごかす イベントプラス。親子で楽しいお得な週末お出かけ情報

長野イベントプラス

お得な週末お出かけ情報やキャンペーン情報を発信♪たくさんのパパ・ママに大好評! LINE@友だち募集中!!

私達と一緒に子どもに笑顔を届けませんか?ワークショップ講師大募集♪

イベントの掲載依頼について

注目記事

会社概要。東京イベントプラスの概要をご紹介いたします。

お問い合わせ。皆様からのご質問にお答えいたします。