親子で楽しい週末お出かけ情報「東京イベントプラス」

東京イベントプラス

エリアを選択する

【東京】家族みんなで子連れで楽しく動物園へ行こう!おすすめスポット15選

更新日:2022年04月21日

投稿日:2021年02月13日

\\ 友達にもシェアしてあげよう♪ //

LINEで送る


家族でのおでかけの定番といえば動物園です!写真や動画、絵本で見るより実際の動物は迫力があり、動物の暮らす様子を見ることによってお子さまの感性やわくわくした気持ちを刺激してくれます。

そこで今回は東京都内で子連れで楽しめる動物園を15ヶ所ご紹介します。キリンやライオンなどの大型動物がいる非日常感のある大型の動物園から、ウサギやモルモットなど身近に感じられる小さな動物がいる無料の小規模の動物園まで、名所と穴場をご紹介します。ぜひご家族でのおでかけプランを考える際のご参考になさってくださいね。

 

1.多摩動物公園

出典:photoAC

 

大自然の中で暮らす動物たちのありのままが楽しめる多摩動物公園。アジア園・オーストラリア園・アフリカ園・昆虫園の4つのエリアで構成され、とても広く見所がたくさんあります。園全体が山などの自然の中に作られているため、坂が多いことも特徴です。子連れには行きも帰りも坂なのは少し大変ですよね。そんな時は園内の無料シャトルバスを上手に利用しましょう。正門を入ってすぐ、ウォッチングセンターの先に停留所があるのでそこから乗車します。 長い上り坂を登り「オランウータン舎前」で下車、そこから歩いてコアラ館の方へ向かうのがおすすめです。そこからゆっくり歩いてライオンやゾウがいるアフリカ園に向かえば帰りは下り坂で帰ってくることができますよ。

ウォッチングセンター前ではベビーカーを一台500円で貸出しています。エリアごとにおむつ替えシートが付いたトイレや授乳室もあります。休日のお昼時、園内のレストランは混み合うことが多いので早めにお昼を済ませるか事前に購入しておくのがおすすめ。ベンチやテーブルなども多くお子さまが喜びそうなバス型の休憩所もあります。休憩所が多く子連れでの来園に備えてのサービスが充実しています。

また、園内には放し飼いの動物の中を人を乗せたバスが走るという世界初の「サファリ形式」として運行している人気のライオンバスがあります。バスのガラス越しで間近にライオンを見ることができ大迫力です!ライオンバスは園内で時間指定の当日券を買わなければいけませんので、優先してゲットしましょう!

 

多摩動物公園
住所:東京都日野市程久保7-1-1
駐車場:周辺のコインパーキングをご利用ください
電話:042-591-1611
アクセス:京王線、多摩モノレール「多摩動物公園駅」から徒歩1分
営業時間:9:30〜17:00
休園日:水曜日・年末年始
(水曜日が国民の祝日や振替休日、都民の日の場合は、その翌日が休園日となります)
入場料: 大人600円、中学生200円 、65歳以上300円、小学生以下無料
オンラインチケットの購入はこちら

ライオンバス:大人500円、子ども(3歳~中学生)150円、65歳以上150円、0歳~2歳無料
65歳以上300円
ベビーカーのレンタル:一台500円
HPはこちら

 

 

2. 東京都恩賜上野動物園

出典:photoAC

 

パンダに会える人気の上野動物園。休憩所やトイレがたくさん設置され子連れにもとても利用しやすいです。エリアは大きく東園と西園の2つに分かれていて、いそっぷ橋で繋がっています。白熊やパンダ、ライオンや象のいる東園、キリンやペンギンのいる西園と両方ともそれぞれに魅力があります。

広い園内を小さな子どもを連れて全部を回るのはなかなか大変ですが、園内はベビーカーで問題なく移動できますので、見たい動物を中心に計画を立てて効率よく移動しましょう。東園の入り口付近のパンダ舎前で一台500円でベビーカーを貸出していますよ。ベビーカーの返却は東園と西園の出口付近に返却スペースがあります。

また、東園と西園の間は無料で連絡バスに乗車できますので、そちらも合わせてご利用くださいね。

 

上野動物園
住所:東京都台東区上野公園9-83
電話:03-3828-5171
アクセス:
JR各線「上野駅」公園口から徒歩5分
京成線「上野駅」から徒歩10分
東京メトロ銀座線・日比谷線「上野駅」から徒歩15分
駐車場:上野公園内は車での乗り入れが基本的にできません。周辺のコインパーキングをご利用ください
営業時間:9:30〜17:00
※GWなどの大型連休は18時まで営業する場合もあります。おでかけ前にHPをご確認ください
休園日:月曜日
料金:一般600円、中学生200円、65歳以上300円、都内在住・在学の中学生無料
小学生以下無料
※入園にはどなたにも整理券の予約が必要です。予約はこちら
ベビーカーのレンタル:1台500円
HPはこちら

 

 

3. 井の頭自然文化園

 

井の頭公園のなかにある井の頭動物園は遊具やお子さまが喜ぶ乗り物などもある動物園です。本園には遊具や乗り物などがあり楽しく過ごせます。本園でオススメなのが「リスの子怪」です。檻の外から見るのではなく自分たちが檻の中に入ってリスを間近に見ることができるんです!エサを食べたりくるみを地面に埋めていたり、足元を走り回る様子にお子さまも大興奮間違いなしです!リスが近くに来た時に手を出すと指を噛まれてしまうこともあるので気をつけましょう。

分園の「水生物館」には魚などをはじめ、水辺に住む生き物を幅広く展示しています。分園から本園へ行く道は歩道橋になっていますが、少し左を歩くと横断歩道もあるのでベビーカーを利用の方はそちらを利用すると楽に移動ができます。

 

井の頭自然文化園
住所: 東京都武蔵野市御殿山1-17-6
アクセス:JR中央線・総武線、京王井の頭線、各線の「吉祥寺駅」南口から徒歩10分
駐車場:周辺のコインパーキングをご利用ください
電話:0422-46-1100
営業時間:9:30〜16:45
休園日:月曜日・年末年始
(月曜日が国民の祝日や振替休日、都民の日の場合は、その翌日が休園日となります)
料金:大人400円、中学生150円 、65歳以上200円、小学生以下無料
入場券のオンライン予約はこちら
ベビーカーの貸出:なし
HPはこちら

 

 

4. 羽村市動物公園

 

羽村市動物公園は楽しみながら学べるスポットがたくさんあるアットホームな動物園です。園内でベビーカーを一台200円でレンタルでき、小さいお子さまでも見やすいように踏み台があったりと、子連れへの優しい配慮がたくさん見られます。キリンやレッサーパンダ、 ペンギンなどたくさんの動物の前にはお子さまが楽しめるようにクイズや、動物の生態を学べるパネルがあり、動物のことも学ぶことができます。何よりも広すぎない敷地が子連れでのおでかけにピッタリです。

大きい動物園とは一味違うアットホームな雰囲気の羽村市動物公園をぜひお楽しみください。 

 

羽村市動物公園
住所:東京都羽村市羽4112番地
電話:042-579-4041
アクセス:
【電車】JR青梅線「 羽村駅」東口下車 徒歩20分
【車】JR青梅線 「羽村駅」東口から「立川バス長岡循環行」または「箱根ヶ崎駅行」のバス乗車、バス停「羽村団地」下車
駐車場:周辺のコインパーキングをご利用ください
営業時間
3月〜10月:9:00〜16:30
11月〜2月: 9:00〜16:00
休園日:月曜日
料金:大人400円 小中学生100円 4歳以上の未就学児50円 4歳未満無料
ベビーカーのレンタル:1台200円
HPはこちら

 

 

5. 町田リス園

 

リスに直接ご飯をあげられる小さな動物園です。リスの他にモルモットやうさぎ、フェレットに会えます。リスのご飯はひまわりの種で、園内で一袋100円で販売されています。リスは時間帯によって、活動的な時間帯とゆっくり寝ている時間がありますが、朝イチの開園直後のリスたちはお腹がペコペコで、ご飯をくれる人に対して積極的です。人に慣れているリスは人の身体に乗って、ご飯を食べます。一生懸命ご飯を食べる、かわいいリスの仕草に癒されます。大人から子どもまで楽しめる動物園です。

リスにご飯を上げるときは園の方で怪我防止のミトンが用意されているので、お腹ぺこぺこのリスが殺到しても、指を噛まれることを防げますが、小さな子どもは手や足などの怪我防止のために露出をしない服装がおすすめです。大人から子どもまで楽しめる動物園です。

 

町田リス園
住所:東京都町田市薬師台1-733-1
電話:042-734-1001
アクセス:
小田急「町田駅」北口21番バス乗り場から「本町田経由野津田車庫行」または「鶴川駅行」のバスに乗車、バス停「薬師池」下車すぐ
駐車場: 隣接する薬師池公園の駐車場をご利用ください

営業時間
平日・土・日・祝:10:00~16:00
4月~9月(日曜・祝日のみ)10:00~17:00
休園日:火曜日・年末年始
※園内整備の日は休園となります(6月・9月・12月 の第1火曜日から金曜日までの期間)

料金:中学生以上500円、3歳以上小学生300円、3歳未満無料
ベビーカーの貸出:なし
HPはこちら

 

 

 6. 江戸川区自然動物園

 

春は桜、夏は噴水での水遊びが楽しめる公園です。園内に無料の動物園があり、ハヤブサやフクロウ、サルやリス、ワラビーやプレーリードッグ、ペンギンやアリクイなどに会えます。無料の動物園とは思えないほど、たくさんの動物が展示されています。普段見る機会がない動物がいるので、子どもと一緒にゆっくり観察するのもいいですね。

比較的規模の小さな動物園なので、迷子の心配も少なく、小さな子連れでのおでかけにピッタリな穴場スポットです。授乳室も完備しています。

 

江戸川区自然動物園
住所:江戸川区北葛西3-2-1
電話:03-3680-0777
営業時間:10:00〜16:30
休園日:月曜日・年末年始
(月曜日が祝休日の場合は翌日が休園日です)
アクセス:東京メトロ東西線「西葛西駅」から徒歩15分
駐車場:周辺のコインパーキングをご利用ください
料金:無料
ベビーカーの貸出:無料
HPはこちら

 

 

7. 板橋こども動物園

東板橋公園内にある板橋こども動物園はポニーの引き馬での乗車やモルモットの抱っこなど、動物に身近に親しめる動物園です。ヒツジやヤギにご飯をあげることもできますよ。

動物が大好きだけども、お家で一緒に暮らすことが難しいご家庭の子どもが動物と自然に増え合う良い機会になりますね。入園料が無料なのも嬉しいポイント!

この動物園は2020年12月8日にリニューアルされたばかりで、園内には環境に配慮した草屋根の建物があり、キッズルームやおむつ交換スペースも完備されていますので、小さな赤ちゃんとのおでかけも安心です。

 

板橋こども動物園
住所:東京都板橋3-50-1(東板橋公園内)
電話:03-3963-8003
アクセス:都営三田線「板橋区役所前駅」から徒歩5分
駐車場:周辺のコインパーキングをご利用ください
営業時間
3月〜11月:10:00〜16:30
12月〜2月:10:00〜16:00
休園日:月曜日・年末年始・2月第3火曜日
(月曜日が祝日の場合は祝日明けの日が休園日です)
料金:無料
ベビーカーの貸出:なし
HPがこちら

 

 

8. こども動物園高島平分園

出典:photoAC

 

こども動物園高島平分園は板橋こども動物園の分園です。高島平の集合住宅の中の公園内にあります。もともと鳥や魚以外を飼えない高島平団地のこども達のために設立されました。園内ではポニーやヤギ、モルモットなどに会えます。本園と同じようにモルモットの抱っこやヤギへの餌やり体験ができます。

定期的にヤギと園内をパトロールしながら公園内を清掃するイベントや、園内の花壇を整備するイベントが開催されます。公園作りに参加できる素敵なイベントです。開催時はどうぞご家族の皆さんでご参加くださいね。

 

こども動物園高島平分園
住所:高島平8-24-1(徳丸ヶ原公園内)
電話:03-3932-0090
アクセス:都営三田線「高島平駅」下車 徒歩5分
駐車場:周辺のコインパーキングをご利用ください
営業時間
3月〜11月:10:00〜16:30
12月〜2月:10:00〜16:00
休園日:月曜日・年末年始・2月第3火曜日
(月曜日が祝日の場合は祝日明けの日が休園日です)
料金:無料
ベビーカーの貸出:なし
HPはこちら

 

 

9. 高尾山さる園・野草園

 

高尾山さる園の園内は小規模ですが1つのさる山に約80匹の猿が集まっています。ガラス越しに近い位置で猿を見ることができて、100円でお猿さんにご飯をあげることができます。

飼育員がとても丁寧で専門的なトークですがユーモアがあり、大人も子どもも楽しく聞くことができます。HPも充実していて、全ての猿の誕生日や歴代のボスザルの経歴や性格などが掲載されて読んでいて、とてもおもしろいです。ぜひおでかけ前に現在のボス猿の顔と名前をチェックして、さる園でボス猿を見つけてくださいね。

ボスザル以外の猿たちの個性も豊かで、猿たちが過ごす様子に大人も子どもも見入ってしまう事間違いなしです。ベビーカーで入場できますし、おむつの交換スペースもありますので安心です。また、野草園は春から夏にかけてがシーズンで散策が楽しいですよ。

 

高尾山さる園・野草園
住所:東京都八王子市高尾町2179
電話:042-661-2381
アクセス:ケーブルカー「高尾山駅」から徒歩3分
駐車場:京王電鉄高尾線「高尾山口駅」に八王子市営高尾山麓駐車場、京王高尾山駐車場、高尾山薬王院祈祷殿駐車場がありますのでご利用ください
営業時間
3月〜4月 10:00~16:30
5月〜11月 9:30~16:30
12月~2月 9:30~16:00

休園日:無休
※不定期で園内の整備の日があり、その日はお休みになります

料金:中学生以上430円、3歳以上210円、3歳未満無料
オンライン購入はこちら

ベビーカーの貸出:なし
HPはこちら

 

 

10. 足立区生物園

 

元渕江公園内にある動物園と水族館で構成されている生物館です。こじんまりとした、ちょうど良い規模で赤ちゃんや歩き始めの小さな子どもとのおでかけにおすすめです。 

小さな施設ですが、充実していて昆虫、魚、両生爬虫類、哺乳類、有袋類が飼育されています。かわいいリスやチンチラ、ヤギやヒツジ、ワラビーやカンガルーにも会うことできます。昆虫の展示室もありますので虫好きな子どものいるご家庭にもおすすめです。

施設内には、おむつ交換スペースやソファのある授乳室が用意されています。授乳室をご利用の際にはスタッフの方にお声がけくださいね。

 

足立区生物園
住所:東京都足立区保木間2丁目17-1
電話:03-3884-5577
アクセス
【徒歩】東武スカイツリーライン「竹ノ塚駅」から徒歩21分
【バス】東武スカイツリーライン「竹ノ塚駅」から「花畑団地行」または「綾瀬行」のバスに
駐車場:あり

営業時間
2月~10月:9:30~17:00
11月~1月:9:30~16:30
休園日:月曜日・年末年始
※月曜日が休日や都民の日(10月1日)の場合は開園し、翌平日が休園日となります。
また、足立区の夏休み期間中は開園します。

料金:高校生以上300円、小中学生150円、未就学児は無料
ベビーカーの貸出:なし
HPはこちら

 

 

11. 上千葉砂原公園(ふれあい動物広場)

上千葉砂原公園内のふれあい動物広場では入場料無料でポニーやミニブタ、ウサギやモルモット、孔雀などの鳥類に会うことができます。ポニーに乗ったりモルモットと触れ合うことができます。また公園内には「メビウスの輪」と呼ばれる小学生向けの大型の立体空中迷路やSLの模型があります。

公園内で交通ルールを学べるエリアがあり、補助付き自転車や自転車、足踏みゴーカードや豆自動車、三輪車などを無料でレンタルできます。動物園や遊具、そして乗り物で一日中元気に遊べる穴場の公園です。

 

上千葉砂原公園(ふれあい動物広場)
住所:東京都葛飾区西亀有1-27-1
電話:03-3690-4460
アクセス:JR常磐線「亀有駅」南口から徒歩15分
駐車場:あり
営業時間:9:00~17:00
休園日:月曜日・火曜日・祝日の翌日・年末年始
月曜日や火曜日が祝日の場合は翌日の平日が休園日になります)

料金:無料
ベビーカーの貸出:なし
HPはこちら

 

 

12. 碑文谷公園(こども動物広場)

出典:photoAC

 

目黒区の碑文谷公園内にはこども動物広場があります。無料でウサギやモルモット、犬などをなでることができます。動物は大好きだけど、いろいろな事情で動物と暮らせないご家庭にピッタリな穴場スポットです。動物に触れ、優しく抱っこしてあげましょう。ふわふわの可愛さに癒されますよ

また、有料で引き馬・ポニー教室があります。引き馬は一回200円、ポニー教室は3ヶ月2,400円ととってもリーズナブルです。馬が好きで乗馬に興味がある子どもはぜひ挑戦してみましょう。馬を通じて命の大切さや尊さを学ぶ生きた教育の機会になりますよ!

 

碑文谷公園(こども動物広場)
住所:東京都目黒区碑文谷六丁目9-11号
電話:03-3714-1548
アクセス:東急東横線「学芸大学駅」から下車徒歩6分
駐車場:周辺のコインパーキングをご利用ください
営業時間
10:00〜11:30 / 13:00〜15:00
休園日:月曜日・祝日の翌日・年末年始
※月曜日が祝日の場合は、その翌日以降の平日が休園日です。
入園料:無料
引き馬:1人1回200円
ポニー教室:3か月2,400円
ベビーカーの貸出:なし
HPはこちら

 

 

13. なぎさポニーランド

 

回数に上限はありますが、小学生以下の子どもは無料でポニーの乗馬体験ができます。また動物ふれあいコーナーがあり、ヤギが過ごす様子を身近に眺め、触れ合うことができます。

なお、馬場のコンディションが悪いと乗馬が中止になり、公園側の判断で動物とのふれあいコーナーのイベントが中止になる事がありますのでご注意くださいね。

また渚ポニーランドの敷地内におむつ交換台もありますので安心です。

 

なぎさポニーランド
住所:東京都江戸川区南葛西7-3
電話:03-5658-5720

アクセス
東京メトロ東西線「葛西駅」から「南葛西または葛西臨海公園行」のバス乗車、バス停「なぎさニュータウン」下車、徒歩5分
東京メトロ東西線「西葛西駅」から「なぎさニュータウン行」のバス乗車、「なぎさニュータウン」下車、徒歩5分
都営新宿線「船堀駅」から「なぎさニュータウン行」のバス乗車、バス停「なぎさニュータウン」下車、徒歩5分
JR総武線「亀戸駅」からなぎさニュータウン行」のバス乗車、バス停「なぎさニュータウン」下車、徒歩5分

駐車場:あり
営業時間:
休園日:月曜日
料金:無料
HPはこちら

 

 

14. あらかわ遊園(どうぶつ広場)

 

あらかわ遊園は2022年4月21日にリニューアルオープン!施設内に遊園地や水遊びエリア、芝生広場や滑り台、ふわふわドーム、動物と触れ合えるどうぶつ広場があり、一日中元気に遊べるエリアです。動物エリアにはウサギやモルモット、ヤギやヒツジ、アルパカやカピバラ、そしてポニーなどがいます。

ヒヨコ、ウサギ、ハムスター、モルモットと触れ合うことができ、100円でポニーに乗れますよ。フクロウ、ミミズクとのフォトスポットも設置されています。

天候や動物の体調などにより、お知らせが無く動物のふれあいや展示を中止する場合があります。

 

あらかわ遊園(どうぶつ広場)
住所:東京都荒川区西尾久六丁目35-11
電話:03-3893-6003
アクセス:都電荒川線「荒川遊園地前駅」徒歩3分
駐車場:なし
営業時間:10:00〜15:30
休園日:火曜日・年末年始
※火曜が祝日の場合は翌日の平日が休園日です
※学校の春・夏・冬休み期間は毎日営業します
入園料:大人800円、中学生400円 小学生200円、65歳以上400円、3歳以下無料
当面の間、事前予約制と事前予約はこちら
ベビーカーの貸出:無料
HPはこちら

 

 

15. 大島公園動物園

 

東京の離島、大島の動物園です。なんと年中無休で、入場料は無料です!東京から大島まで船か飛行機か船でアクセスしなければいけないため、おでかけの難易度は高いですが、園内にある噴出した溶岩をそのまま生かした、日本一広いサル山は一見の価値があります。大島公園動物園には約65種750点の動物を飼育しています。海と山に囲まれた野生味あふれる環境の中で、自然を一体になりながら楽しめる動物園です。

ベビーカーで入場できるので、広い園内をマイペースで観覧できます。園内にはおむつ替えスペースが完備されていて便利です。

 

大島公園動物園
住所:東京都大島町泉津字福重3号
電話:049-922–9111
アクセス:到着港(元町港・岡田港)または大島空港より、大島公園行バスにて終点下車、徒歩2分
駐車場:あり
営業時間:8:30〜17:00
休園日:無休
料金:無料
HPはこちら

 

 

まとめ

今回は子連れで楽しめる東京の動物園を名所から穴場まで20ヵ所ご紹介しました。東京都内には多種多様な動物を飼育している大型の動物園から、無料で楽しめる小規模の公園の動物園まで、たくさんの動物園があります!

動物園は家族で子連れおでかけする定番のスポットのため、規模の大きな動物園ではベビーカーの貸出がありますし、規模が小さめの動物園でも、子連れへの配慮がなされていますので、楽しくおでかけできること間違いなしです!

また、動物園はたくさん歩くため、歩きやすい靴を穿いて、寒さや暑さに備えて着脱しやすい服装を用意するといいですね。また、大規模の動物園に子連れで行く場合は、歩くペースも考え事前に計画を立てるのがおすすめ。 無理のない範囲で動物園での滞在や散策をお楽しみくださいね。

動物園は普段接することのない動物とのふれあいから学ぶ機会が多い場所です。それでも、動物園に行った際は難しいことはあまり考えずに、かわいいお子さまの笑顔をたくさん撮って写真に撮ってくださいね。

家族で楽しい思い出をいっぱい作ってください!

 

 

サイト内検索

メルマガ会員募集中。東京イベントプラスの情報をメールでお届けします

子どもを笑顔にするお得な神奈川イベント情報サイト。神奈川イベントプラス〜ココロうごかす イベントプラス。親子で楽しいお得な週末お出かけ情報

長野イベントプラス

お得な週末お出かけ情報やキャンペーン情報を発信♪たくさんのパパ・ママに大好評! LINE@友だち募集中!!

私達と一緒に子どもに笑顔を届けませんか?ワークショップ講師大募集♪

イベントの掲載依頼について

注目記事

会社概要。東京イベントプラスの概要をご紹介いたします。

お問い合わせ。皆様からのご質問にお答えいたします。