親子で楽しい週末お出かけ情報「東京イベントプラス」

東京イベントプラス

エリアを選択する

東京へ恐竜に会いに行こう!おすすめの恐竜博物館・公園3選!【国立科学博物館・板橋区立教育科学館・北沼公園】

投稿日:2020年08月26日

\\ 友達にもシェアしてあげよう♪ //

LINEで送る


古代に地球上で生息していた恐竜は、今でも子どもから大人まで幅広い世代に人気があります。恐竜には、鳥類や獣脚類、竜脚下目など様々な種類がありますが、未だに解明されていないことも多い謎の多い生物です。

恐竜が好きな子どもは、恐竜の図鑑やテレビなどを繰り返し見ている子も多いのではないでしょうか。お家で恐竜のことを学ぶのも良いですが、実際に恐竜の展示を見に行けば、恐竜のことがもっと好きになりますよ♪

今回は、東京都内で恐竜を展示している恐竜博物館や公園を3つピックアップしました。恐竜に興味のないママも、子どもと一緒に恐竜を見たらその魅力にハマってしまうかもしれませんよ。夏休みには、家族みんなで恐竜博物館へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

①【国立科学博物館】

出典:https://www.kahaku.go.jp/exhibitions/permanent/index.html

 

初めにご紹介するのは、明治時代に上野恩賜公園内に創立された歴史の長い博物館です。館内は地球館と日本館に分けられていて、日本列島の生い立ちや生き物、科学技術などについて深く学ぶことができます。

 

 

地球館の地下3階から地上3階までのフロアには、恐竜や生きものを中心に展示しています。地下1階には、巨大なティラノサウルスやトリケラトプス、アパトサウルスなどの骨格が展示されています。リアルな恐竜の姿に、子どもも大喜びすること間違いなしですね。別のフロアには、鳥類やサバンナのなどの動物、ジャイアントパンダなどの剥製も見ることができます。また、アポロ11号とアポロ17号が持ち帰った月の石の展示もありますよ。

 

 

地球館の3階には、「親と子のたんけんひろば コンパス」というエリアがあります。こちらは、4歳から6歳の子ども向けの展示スペースで、実際に体験しながら生きものの不思議を学ぶことができます。動物の剥製や昆虫の標本が展示されているだけでなく、体を動かして遊べる遊具や絵本コーナーなども設けられているので、子どもも飽きずに過ごせますね。

日本館の3階には、フタバスズキリュウの化石と全身復元骨格があります。天井につるされた大きな恐竜の骨格は、迫力満点です。屋外には、巨大なシロナガスクジラの実物大模型や、D51蒸気機関車も展示されているので、海の生き物や機関車好きの子どもも喜びますよ。

 

住所:東京都台東区上野公園 7-20
アクセス:
JR「上野」駅(公園口)から徒歩5分
東京メトロ銀座線・日比谷線「上野」駅(7番出口)から徒歩10分
京成線「京成上野」駅(正面口)から徒歩10分
電話番号:03-5777-8600
営業時間:詳しくはこちら
定休日:
毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は火曜日)
年末年始(12月28日~1月1日)
・臨時休館:2020年2月29日(土)~5月31日(日) (新型コロナウイルス感染予防対策による臨時休館)
・害虫駆除のための館内くん蒸期間:2020年6月22日(月)~6月26日(金)
・2020年5月19日(火)、2020年9月23日(水)、2020年11月4日(水)
特別展開催中は休館日が変更になることがあります。ご注意ください。
近日(3ヵ月分)の休館日情報はこちらをご覧下さい。
公式HP:https://www.kahaku.go.jp/index.php

 

②【板橋区立教育科学館】

出典:http://www.itbs-sem.jp/index.html

 

お次にご紹介するのは、板橋区にある科学館です。こちらの施設には、恐竜の化石をはじめ、昆虫の標本やプラネタリウム、ビデオシアターなどがあり、化学や生きものの不思議について知ることができます。

 

 

こちらの科学館には、本物のトリケラトプスの頭部の化石が展示されています。骨が細部まで残されているので、じっくりと観察してみてくださいね。その他にも、エドモントサウルスの足の化石や、昆虫の琥珀、植物の化石なども見ることができますよ。

 

 

恐竜の化石を見た後は、プラネタリウムにも立ち寄ってみてください。こちらのプラネタリウムは、一般向けの番組だけでなく、親子を対象にした番組も扱っているので、子どもと一緒に星空観賞が楽しめます。

 

 

その他にも、化学展示室にはソーラーカーレースや人力飛行機、地震体験などといった楽しい展示が充実しています。遊びながら科学に触れるいい機会ですね。定期的に科学教室も開催しているので、気になる方は公式HPをチェックしてみてください。

 

住所:板橋区常盤台4-14-1
アクセス:東武東上線 上板橋駅 北口下車 徒歩5分
電話番号:03-3559-6561
営業時間:
9:00~16:30
(板橋区内公立小中学校夏休み期間は9:00~17:00)
定休日:
月曜日(祝日にあたる場合は、その翌日)
年末年始(12月29日から1月3日)
※その他、臨時休館日有り。
公式HP:http://www.itbs-sem.jp/index.html

 

③【北沼公園】

出典:http://www.city.katsushika.lg.jp/institution/1000096/1006893.html

 

最後にご紹介するのは、葛飾区にある交通公園です。こちらの公園では、自転車やゴーカート、三輪車などを無料で借りることができ、乗り物に乗りながら楽しく交通ルールが学べます。園内には、遊具をはじめ、月面歩行体験ができるムーンウォーカーや、星座をテーマとした水遊び場、恐竜のモニュメントなどがあります。

 

 

園内には、ティラノサウルスとトリケラトプスの2体の恐竜のモニュメントが設置されています。恐竜の体に網が付いているので、網をつたって背中に登ることができますよ。

 

 

遊具コーナーには、ローラーすべり台や砂場、つり橋、すべり台などを備えた大型複合遊具などが設けられていて、思いっきり体を動かして遊べます。また、ムーンウォーカーでは、地球の1/6の重力が体感できますよ。ムーンウォーカーは実施する日時が決まっていて、利用者の身長・体重にも制限があるので、お出かけの前に公式HPで情報を確認してください。夏には水遊びができるエリアもあるので、こちらもチェックしてみてくださいね。

 

住所:東京都葛飾区奥戸8-17-1
アクセス:
京成タウンバス
新小岩駅~亀有駅(新小58)
「スポーツセンター」下車 徒歩約5分
電話番号:03-369-4318
営業時間:常時開園
定休日:無し
公式HP:http://www.city.katsushika.lg.jp/institution/1000096/1006893.html

 

東京都で恐竜に出会える博物館や公園をご紹介しました。大迫力のある恐竜の化石が見たいなら「国立科学博物館」、リアルな恐竜の化石を観察するなら「板橋区立教育科学館」がおすすめです。「北沼公園」では、恐竜の背中に乗って遊んだり、水遊びやムーンウォークも楽しめますよ。

今年の夏休みには、恐竜好きの子どもを連れて、親子で恐竜を見にお出かけしてみてはいかがでしょうか。

 

サイト内検索

メルマガ会員募集中。東京イベントプラスの情報をメールでお届けします

子どもを笑顔にするお得な神奈川イベント情報サイト。神奈川イベントプラス〜ココロうごかす イベントプラス。親子で楽しいお得な週末お出かけ情報

お得な週末お出かけ情報やキャンペーン情報を発信♪たくさんのパパ・ママに大好評! LINE@友だち募集中!!

私達と一緒に子どもに笑顔を届けませんか?ワークショップ講師大募集♪

注目記事

会社概要。東京イベントプラスの概要をご紹介いたします。

お問い合わせ。皆様からのご質問にお答えいたします。