親子で楽しい週末お出かけ情報「東京イベントプラス」

東京イベントプラス

エリアを選択する

【東京】藤の花の見頃や、藤の名所・穴場スポットを5選ご紹介します

投稿日:2021年10月11日

\\ 友達にもシェアしてあげよう♪ //

LINEで送る


はじめに

やさしい紫色で、下垂れて咲く姿が美しい藤の花。見頃や名所が気になる方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、藤の花の見頃情報と、東京の藤の名所・穴場スポットを5選ご紹介します。江戸時代から藤の名所といわれている神社や、藤棚を見ることができる穴場の公園など、親子でおでかけしたくなるスポットばかりです。ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

【藤の花の見頃はいつ?】

 

出典:PAKUTASO

 

例年4月下旬から5月上旬にかけて開花する藤の花。種類にもよりますが、4月末から5月の連休にかけてが見頃といわれています。

 

ただし、藤の花は気候によって開花が遅れ、見頃がずれる場合があるので注意が必要です。事前にお問合わせ可能な場所もあるので、ぜひ花の状況を確認してからおでかけくださいね。

 

 

【東京の藤の名所・穴場スポット5選】

  1. 亀戸天神社 

出典:photoAC

 

JR、東武線・亀戸駅から徒歩12分ほどの場所に鎮座する亀戸天神社。ここは、江戸時代から、東京一の藤の名所といわれていることで有名です。

 

亀戸天神社の藤は、なんと15棚50株。一面に咲く美しい藤の花を、神社の風情ある景色とともに、贅沢に楽しむことができます。例年開花の時期に合わせて行われる藤まつりでは、日没からライトアップも。光で照らされた藤の花が、心字池の水面に映る様子は圧巻です。

歴史ある藤の名所、亀戸天神社。ぜひ親子で足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

名称:亀戸天神社 

住所:東京都江東区亀戸3-6-1

電話番号:03-3681-0010

公式HP:http://kameidotenjin.or.jp/

 

 

  1. 國領神社

 

京王線・布田駅から徒歩5分の場所に鎮座する國領神社。こちらの神社では、御神木である藤の木を拝見することができます。

國領神社の藤の木は、樹齢約400年から500年。千年乃藤と呼ばれ、多くの人から崇められています。境内にある藤棚は、面積がおよそ400平方メートルと広大。一面に咲く藤の花の、甘く良い香りを楽しむことができますよ。

 

また、お守りは藤の花が刺繍されており、とってもかわいらしいデザインです。ぜひ親子でお手にとってみてはいかがでしょうか。

 

名称:國領神社

住所:東京都調布市国領町1-7-1

電話番号:042-482-5207

公式HP:https://kokuryo-jinja.jp/

 

 

  1. 小石川後楽園

 

JR総武線・水道橋駅から徒歩5分の場所にある小石川後楽園。ここは、四季折々の花や植物を楽しむことができる広大な庭園で、春には藤の花も見ることができます。

 

小石川後楽園の藤棚は、他の植物と同時に楽しめるのが魅力的。藤棚付近では、はっきりとした紫色が綺麗なカキツバタも咲いています。その自然豊かな景色は、思わず都心にいることを忘れそうになるほど。また、藤の見頃の時期には、他の花も咲くため見どころがたくさんあり、人が分散される穴場スポットです。

 

一般の方は300円、小学生以下と都内在住・在学の中学生は無料で入場することができます。庭園内には、ベビーベッドやベビーチェア付のトイレ、休憩所が多数あるため、子連れでも安心。親子で藤の花を鑑賞した後に、広い庭園をお散歩できるのも嬉しいポイントですね。

 

名称:小石川後楽園

住所:東京都文京区後楽1-6-6

電話番号:03-3811-3015

文京区HP:https://www.city.bunkyo.lg.jp/bunka/kanko/spot/teien/korakuen.html

東京都公園協会HP:https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index030.html

 

 

  1. 神代植物公園

 

JR中央線・三鷹駅から小田急バス・神代植物公園前下車すぐにある、神代植物公園。ここは、約4,800種類も樹木が植えられている植物公園で、春には藤棚を楽しむことができます。

神代植物公園は、紫色や白色など、さまざまな藤の花を楽しめるのが特徴。棚一面に咲く藤の花からは、甘い香りが漂います。藤の花を見ることができる休憩所やベンチなどもあり、毎年多くの人で賑わう公園です。

 

一般の方は500円、小学生以下は無料で入場することができます。公園内には、ベビーベッドやベビーチェアが付いたトイレが多数あるため、子連れにもおすすめのスポットです。ぜひ親子で足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

名称:神代植物公園

住所:東京都調布市深大寺元町5-31-10

電話番号:042-483-2300

東京都公園協会HP:https://www.tokyo-park.or.jp/jindai/

 

 

  1. 小金井公園

 

JR中央線・武蔵小金井駅から西武バス・小金井公園西口下車すぐにある、小金井公園。ここでは、春になると藤の花を見ることができます。

小金井公園の藤棚は、ひとつひとつが大きくはありませんが、数カ所にあることが特徴。施設内の宿根草園や、わんぱく広場付近で美しい藤の花を楽しむことができ、穴場スポットといえます。

 

小金井公園は一部施設を除いて入場無料。ベビーベッドやベビーチェア付のトイレがあり子連れでも安心の公園です。広場がたくさんあるため、親子で遊べるのも嬉しいポイントです。

 

名称:小金井公園

住所:東京都小金井市関野町1-13-1

電話番号:042-385-5611

武蔵野市HP:http://www.city.musashino.lg.jp/shisetsu_annai/shisetsu_koen/toritsukouen/1000819.html

東京都公園協会HP:https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index050.html

 

 

 

おわりに

いかがでしたでしょうか。この記事では、藤の花の見頃情報と、東京の藤の名所・穴場スポットを5選ご紹介しました。

江戸時代から藤の名所といわれている亀戸天神社や、藤棚が美しい植物園、穴場の公園など、親子でおでかけしたくなるスポットばかりでした。おでかけの際はぜひ参考にしてくださいね。

 

サイト内検索

メルマガ会員募集中。東京イベントプラスの情報をメールでお届けします

子どもを笑顔にするお得な神奈川イベント情報サイト。神奈川イベントプラス〜ココロうごかす イベントプラス。親子で楽しいお得な週末お出かけ情報

お得な週末お出かけ情報やキャンペーン情報を発信♪たくさんのパパ・ママに大好評! LINE@友だち募集中!!

私達と一緒に子どもに笑顔を届けませんか?ワークショップ講師大募集♪

イベントの掲載依頼について

注目記事

会社概要。東京イベントプラスの概要をご紹介いたします。

お問い合わせ。皆様からのご質問にお答えいたします。