親子で楽しい週末お出かけ情報「東京イベントプラス」

東京イベントプラス

エリアを選択する

【豊島区】子連れで行きたい初詣!おすすめの神社・寺院6選をご紹介!

更新日:2021年12月25日

投稿日:2021年12月23日

\\ 友達にもシェアしてあげよう♪ //

LINEで送る


出典:photoAC

 

12月になると一年の終わりが身近になりますね。みなさんは新しい一年を迎えるとき、初詣に行きますか?

古いお守りやお札のお焚き上げをしたり、新しいお守りや厄除けなど、神社や寺院でする人も多いのではないでしょうか。

日本には神社仏閣が、大きいものから小さいものまでたくさんあります。豊島区にも大小合わせて非常に多くの神社仏閣があります。

そこで、今回は子連れにおすすめな初詣にぴったりの神社を調べてみました。

初詣へおでかけのときに、ぜひ参考にしてくださいね!

 

1. 妙義神社

 

豊島区で最古の神社で、その歴史は約1,300年といわれています。古代の伝承によれば、この妙義神社がある場所にヤマトタケルノミコトが陣営を構えたことから、そののちに社が建立されました。

それ以後、最初に江戸城を築いた室町時代の武将である太田道灌が、度々、戦勝祈願に訪れ戦に勝利したことから、「勝負の神様」「戦勝の宮」として信仰を集めてきました。

勝負がかかるとき、そんな妙義神社にぜひ親子でお参りしてみてはいかがでしょう。

 

施設名:妙義神社

住所:東京都豊島区駒込3-16-16

時間:参拝自由

【お守り・御朱印】9:00~17:00

【ご祈祷】9:00~16:00

アクセス:JR・東京メトロ南北線「駒込駅」より徒歩5分

公式サイト:https://myogi.tokyo/

 

 

2. 池袋 御嶽(みたけ)神社

池袋駅にほど近い場所にある御嶽神社は、約450年ほど前にこの地に御鎮座したといわれていて、その約100年後に社殿ができたといわれています。

災難除け、厄除け、防火のご利益がある伝えられていて、末社にある子育稲荷神社には、子育て、子授け、安産の信仰を集めています。

厄除けや子育て祈願に、家族で初詣にお参りに行ってみませんか?

 

施設名:池袋 御嶽(みたけ)神社

住所:東京都豊島区池袋3-51-2

時間:参拝自由、社務所 9:00~18:00

アクセス:JR「池袋駅」より徒歩10分

公式サイト:http://mitakejinjya.sakura.ne.jp/index.html

 

 

3. 池袋 氷川神社

 

池袋にある氷川神社は、古来より池袋村の鎮守として崇敬されてきました。記録が残っていないため創建年代は分かっていませんが、平安時代にさいたま市にある武蔵国一之宮 氷川神社より分かれた神社ともいわれています。

神社の境内からは、およそ3,500年前の貝塚や土器、勾玉、土偶などが見つかっており、人々が古代からこの地で生活していたことが分かっています。

12月31日には年越しの大祓、除夜祭が催され、明くる1月1日からは初祈祷が行われます。

1965年に再創建された社殿はまだまだ綺麗で美しく、地域の人々から愛され、敬われているのがよく伝わります。

また、境内の中に池袋富士塚と呼ばれるパワースポットがあります。毎年、6月30日の夏越の大祓と7月1日のお山開きには多くの人でにぎわいます。

古来より人々の心の支えとなっているこの神社も、初詣にお参りするのにぴったりですよ。

 

施設名:池袋 氷川神社

住所:東京都豊島区池袋本町3-14-1

時間:6:00~17:00(社務所 9:00~16:00)

アクセス:「下板橋駅」より徒歩6分

公式サイト:https://ikebukurohikawa.org/index.html

 

 

4. 天祖神社

出典:photoAC

 

大塚駅の近くにある天祖神社は、約600年前の鎌倉時代に創建されたといわれており、名前が神明社・神明宮から、明治6年に天祖神社に変わりました。神仏習合のときは十羅刹女(じゅうらせつにょ)も一緒に祀られていましたが、神仏分離により祭神が天照大神(天祖)のみになりました。

境内には御神木として、樹齢500年の夫婦銀杏があり、子育て狛犬もあることから、縁結びや家庭円満、子育ての信仰を集めています。

ぜひ家族で初詣にお参りしてみてはいかがでしょうか。

 

施設名:天祖神社

住所:東京都豊島区南大塚3-49-1

時間:受付 9:00~17:00

アクセス:

・JR・都電荒川線「大塚駅」より徒歩3分

・東京メトロ丸ノ内線「大塚駅」より徒歩7分

公式サイト:https://tensojinja.or.jp/

 

 

5. 子安稲荷神社

 

子安稲荷神社の創建年代は分かっていませんが、約500年以上前にはすでにこの地に信仰があったといわれています。

約400年前に領主であった斎藤惣左衛門のときに、この土地の鎮護を産土神と崇めて、新しく社を創建しました。

1715年に疫病が流行ったときに、この神社の霊験で多くの子どもの命が助かったことから「子安」とついたそうです。

子どもの健やかな成長を祈りに、家族で訪れたい神社ですよ。

 

施設名:子安稲荷神社

住所:東京都豊島区上池袋2-38-4

アクセス:「池袋駅」東口より徒歩10分

公式サイト:https://www.koyasu-inari.com/

 

 

6.鬼子母神堂

出典:photoAC

 

鬼子母神は安産・子育の神様として信仰を集めています。

鬼子母神のご尊像は、約450年前に現在の文京区目白台あたりで掘り出されたもので、その約20年後に「稲荷の森」と呼ばれていた今の鬼子母神堂に堂宇を建てたことからはじまりました。その後1664年に本殿が建立され、昭和51年から大修理を経て、江戸時代の姿に復元されました。

そんな鬼子母神堂は、昭和35年に東京都有形文化財に、平成28年に国指定の重要文化財に指定されました。

歴史と文化のある鬼子母神堂に、子どもと初詣にお参りするのも素敵ですね。

 

施設名:鬼子母神堂

住所:東京都豊島区雑司が谷3-15-20

時間:9:00~17:00(大黒堂 10:30~16:30)

アクセス:

・「池袋駅」「東池袋駅」「目白駅」より徒歩15分

・「雑司が谷駅」より徒歩5分

公式サイト:https://www.kishimojin.jp/index.html

 

 

まとめ

出典:photoAC

 

いかがでしたか?豊島区にはご紹介した以外にもたくさんの神社や寺院があります。

初詣とは、その年に初めて神様にご挨拶にすることですが、元旦や正月でなければいけないわけではないので、参拝時期をずらすのもおすすめです。人気の場所や人が多い地域では、どうしてもお正月に人が集中するので、お子様連れでお参りするなら、早い時間や遅い時期など、混雑した時期を避けるととストレスが少なくてすみますよ。

ぜひ、ご家族に合った場所にお参りしてみてくださいね。

 

 

サイト内検索

メルマガ会員募集中。東京イベントプラスの情報をメールでお届けします

子どもを笑顔にするお得な神奈川イベント情報サイト。神奈川イベントプラス〜ココロうごかす イベントプラス。親子で楽しいお得な週末お出かけ情報

長野イベントプラス

お得な週末お出かけ情報やキャンペーン情報を発信♪たくさんのパパ・ママに大好評! LINE@友だち募集中!!

私達と一緒に子どもに笑顔を届けませんか?ワークショップ講師大募集♪

イベントの掲載依頼について

注目記事

会社概要。東京イベントプラスの概要をご紹介いたします。

お問い合わせ。皆様からのご質問にお答えいたします。