親子で楽しい週末お出かけ情報「東京イベントプラス」

東京イベントプラス

エリアを選択する

東京都多摩動物公園


多摩動物公園の歴史

 第2次大戦が終わってから、上野動物園の入園者数は増加し、第2の上野動物園構想が持ちあがりました。
多摩動物公園は、そのような背景のなかで、1958(昭和33)年に誕生した、柵がないことを観覧の基本とした日本で最初の動物園です。
50haを超える世界屈指の広さを持ち、豊かな自然の中でたくさんの希少な動物たちがくらす多摩動物公園は、その歴史の中で、世界初のライオンバスや昆虫生態園など、今ではどこでもやっているような工夫をパイオニアとして重ねてきました。
園内には「野生生物保全センター」を設置しており、トキやニホンコウノトリなど希少動物の保護増殖にも積極的に取り組んでいます。

多摩動物園の特徴

 豊かな自然が多く残った園内で、動物をできるだけ自由な姿で展示するために、檻のかわりに壕で仕切るようにし、広い放飼場に放養形式で展示をしています。野生で群れをつくる動物は、なるべく群れで飼育するようにしています。現在飼育している動物は、300種を超えます。

 

人気のエリアのご紹介

・アジア園

ニホンコウノトリやタヌキなど日本産の動物はもとより、トラ、オオカミ、ユキヒョウなど、アジア各地の動物に出会えます。スカイウォーク・タワーでは、樹上性のオランウータン本来の身軽で軽快な枝渡りのようすが観察できます。ウォークインバードケージは、来園者がケージ内に入り、鳥類を間近に観察できる施設です。

 

・オーストラリア園
コアラ、カンガルー、ワライカワセミなど、オーストラリアにすむ動物と出会える区域です。
コアラ館では、コアラとオーストラリア産の小動物を飼育しており、コアラがユーカリを食べているようすを観察することもできます。また、カンガルー前広場では、カンガルーの置物と一緒に記念撮影ができます。

 

・アフリカ園
ライオン、キリン、シマウマ、アフリカゾウ、チンパンジーなどの動物が、群れをなしてくらしています。ライオン園では、ライオンの群れをバスに乗って観覧することができる「ライオンバス」を運行しています。1964(昭和39)年、世界に先駆けて開始されました。
※ライオンバスは工事のため、2016年4月1日(金)から休止しています。再開時期は未定ですが、決まり次第お知らせします。

 

・昆虫園
昆虫生態園の中では、一年を通して色とりどりのチョウが舞っており、その中を散策できるという施設です。また昆虫館本館では、ハキリアリやグローワームなど外国産の珍しい昆虫に出会えるほか、標本や模型の展示やふれあいコーナーを設けています。

東京都多摩動物公園の基本情報

住所 〒191-0042 東京都日野市程久保7-1-1
公式サイト https://www.tokyo-zoo.net/zoo/tama/
アクセス 公共交通機関を利用される場合──京王線、多摩モノレール「多摩動物公園駅」下車、徒歩1分

車を利用される場合──中央自動車道「国立府中IC」から約20分

※電車、モノレール、車について、ルートの案内など、くわしくはこちらのPDFをごらんください。
※多摩動物公園には一般用の駐車場がありません。正門周辺には(株)京王ストアが運営している駐車場ほか、いくつかの有料駐車場があります。
※障害者用駐車場は正門前にあります。ご利用の際は警備員に障害者手帳をご提示ください。なお、台数には限りがあります。
※休日は道路が大変混雑します。特にゴールデンウィークや秋の行楽シーズンなどは周辺の
 駐車場が大変混み合いますので、電車やモノレールをご利用ください。
営業時間 9:30~17:00
定休日 水曜日
地図


\\ 友達にもシェアしてあげよう♪ //

LINEで送る

サイト内検索

メルマガ会員募集中。東京イベントプラスの情報をメールでお届けします

子どもを笑顔にするお得な神奈川イベント情報サイト。神奈川イベントプラス〜ココロうごかす イベントプラス。親子で楽しいお得な週末お出かけ情報

お得な週末お出かけ情報やキャンペーン情報を発信♪たくさんのパパ・ママに大好評! LINE@友だち募集中!!

私達と一緒に子どもに笑顔を届けませんか?ワークショップ講師大募集♪

イベントの掲載依頼について

注目記事

会社概要。東京イベントプラスの概要をご紹介いたします。

お問い合わせ。皆様からのご質問にお答えいたします。