親子で楽しい週末お出かけ情報「東京イベントプラス」

東京イベントプラス

エリアを選択する

【江戸川区】花火ができる場所を調査!無料で利用できる穴場スポット

投稿日:2021年10月20日

\\ 友達にもシェアしてあげよう♪ //

LINEで送る


出典:photoAC

 

 

‟夏の遊び”と言えば皆さん何を思い浮かべるでしょうか?子どもと一緒に楽しめる、夏の遊びの一つに『花火』があります。打ち上げ花火も素敵ですが、家族や友人と一緒にやる手持ち花火も趣があって楽しいですよね。昔は家の近くの公園や河川敷などに、水の入ったバケツ持って行き手軽に花火を楽しむことができていましたが、今は花火ができる場所をきちんと選ばないといけません。

そこで今回は、江戸川区で花火が無料でできる場所を調査しました。穴場スポットの他にも花火を楽しむための準備についてもまとめたので、ぜひこの記事を参考に夏の思い出を作ってみてはいかがでしょうか。

 

 

江戸川区内の公園で花火はできる?

 

江戸川区内の公園での火気の使用は原則禁止となっていますが、花火については下記のマナーを守ることを条件に、手持ち花火を使用することが認められています。ただし、一部の公園や児童遊園では禁止されています。

 

花火使用のマナーについて

①打ち上げ花火、大きな音がでる花火、煙が多く出る花火等は使用できません。

②近隣住民や他の公園利用者に危険や迷惑にならないように、時間帯、騒ぎ声、煙の向き等には配慮してください。

③燃えやすいもの(枯草等)の近くは避け、水の入ったバケツなどを用意して、火の後始末を確実に行ってください。

④ゴミ、灰、燃えカス等は必ず持ち帰ってください。

⑤子どもが花火をするときは、必ず大人と一緒に行ってください。

⑥花火禁止の看板がある場所では行わないでください。また、住宅に隣接している小さな公園では煙、花火の音、騒ぎ声などで苦情がくる可能性があります。苦情があった場合はすぐにやめてください。

 

引用:江戸川区の公式サイトより

 

 

江戸川区で花火ができる穴場スポット

 

江戸川の河川敷

江戸川は、東京都江戸川区と千葉県の境を流れる河川です。

江戸川の河川敷は、江戸川河川事務所によると基本的に公園以外の場所は、手続き不要で自由に使用することができます。大人数での場合には、一時使用届の提出が必要となるため、お近くの出張所への問い合わせてください。

また、公園や広場などでは火気の使用が禁止されている場合があるため、花火をする場合には施設の管理者に確認が必要となります。

※出張所の担当区間については、江戸川河川事務所の公式サイトをご覧ください。

 

引用:江戸川河川事務所の公式サイトより

 

 

荒川の河川敷

東京都と埼玉県を通り、江戸川区や足立区を流れる荒川。

荒川の河川敷は、荒川下流河川事務所によると以下のマナーを条件に花火の使用が許可されています。グラウンドや、公園など自治体が管理している所での花火の使用は禁止されている場合もあります。

 

①近隣住人や他の河川敷利用者の迷惑とならないように十分に配慮してください。

②燃えやすいもの(枯草等)の近くは避け、水の入ったバケツなどを用意して火の後始末をし、ゴミを持ち帰ってください。

③花火の音にもご配慮をお願いします。

④大声で騒いだり、周りの迷惑になることはやめましょう。

 

引用:荒川下流河川敷事務所の公式サイトより

 

また、打ち上げ花火や仕掛け花火は使用が禁止されており、手持ち花火も22時までと時間が設けられているので、しっかりとルールを守り花火を楽しみましょう。

 

 

子どもと花火を楽しむための準備

 

花火をする場所をしっかりとリサーチすること

去年までは花火ができていたのに今年は花火の使用が禁止になっていた、ということもあります。それを知らずに花火をしていてお巡りさんに注意されてしまったということが無いように、公園や河川敷の公式サイト、また管轄する事業所に問い合わせるなどして事前に確認しておきましょう。

 

花火を袋から出しておく

現地についてから花火を取り出すと、暗闇のなかでは手元が見ずらく風がある日だと作業がしにくいです。また持ち帰るゴミも増えてしまうため、家で済ませておくといいですよ。

 

持ち物の確認

最低限以下のものを用意しておくといいでしょう。

 

・チャッカマン・ろうそく・ろうおくを覆う風よけ

花火に火をつける際に必要となります。ろうそくは毎回点火しなくても良いので非常に便利です。風がある日だと、ろうそくの火が消えてしまうのでろうそくを覆う風よけを一緒に使うといいですよ。足元にろうそくを置いておくことになるので、子どもがぶつかったり蹴とばしてしまい火傷をしないよう十分に気を付けるようにしましょう。

 

・水を入れたバケツ

花火の消火用として、水を持参します。空いたペットボトルに水を入れると、持ち運びする際に便利です。河川敷で行った場合、汚れた水は川には流さず必ず家まで持ち帰るようにしましょう。

 

・ゴミ袋

燃え終わった花火や、遊んでいて出たゴミはゴミ袋に入れて持ち帰りましょう。

 

・ヘッドライト・懐中電灯

河川敷で行う際には足元が不安定であるため明かりがあるといいですね。ヘッドライトだと手元が空くので、暗いところで作業する際に役立ちます。

 

・あると便利なもの

虫よけスプレー、ウェットティッシュ、アウトドア用椅子

 

 

まとめ

今回は、江戸川区で花火が無料でできる場所を調査し、穴場スポットをピックアップしました。マナーやルールを守らず、近隣の住人からの苦情が入り花火ができる場所が年々減っています。決められたルールをしっかりと守り、安全に注意しながら、ぜひ家族と一緒に花火を楽しんでくださいね。

 

 

サイト内検索

メルマガ会員募集中。東京イベントプラスの情報をメールでお届けします

子どもを笑顔にするお得な神奈川イベント情報サイト。神奈川イベントプラス〜ココロうごかす イベントプラス。親子で楽しいお得な週末お出かけ情報

お得な週末お出かけ情報やキャンペーン情報を発信♪たくさんのパパ・ママに大好評! LINE@友だち募集中!!

私達と一緒に子どもに笑顔を届けませんか?ワークショップ講師大募集♪

イベントの掲載依頼について

注目記事

会社概要。東京イベントプラスの概要をご紹介いたします。

お問い合わせ。皆様からのご質問にお答えいたします。