親子で楽しい週末お出かけ情報「東京イベントプラス」

東京イベントプラス

イベントお知らせメール/登録すると素敵なプレゼントが貰えるチャンス!

【2020年度版】ひな祭りの素朴な疑問を解説♪ひな人形はいつまで飾る?

投稿日:2020年02月13日

\\ 友達にもシェアしてあげよう♪ //

LINEで送る


立春を過ぎ、暦の上ではもう春を迎えました。春といえば、桜にひな祭り!女の子にとっては自分がお姫様になったような気分になれるとっておきの1日ですよね。

そこで今回は、今更聞けないけど案外知らない・・・ひな祭りの基礎知識をご紹介します!飾る日やしまう時期にも意味があるんです。是非参考にしてみてくださいね!

 

【ひな祭りの由来と歴史】

ひな祭りの由来は中国から伝わった「五節句(ごせっく)」という行事のひとつ「上巳(じょうし)」と言われています。古くから季節の変わり目である「節」のころは、邪気が入りやすいとされていたので、春には自分の邪気を人形に移して川に流す「流し雛(ながしびな)」が行われていました。

日本では、貴族の時代に人形を着飾ってままごとをするのが流行り、江戸時代ごろにかけて家の中に飾るようになりました。こうしてひな祭りが行われるようになったのです。

現在では人形を流さずに家に飾るのが主流となっていますが、地方によっては今でも流し雛を行事として行っているところがあります。

ひな祭りを「桃の節句」と呼ぶことがありますよね。これは中国の上巳の節句で桃の花が使われていたことに由来しています。中国では桃の花に長寿や魔除けの力があるとされており、厄払いや健康祈願のお守りとして古くから親しまれてきました。飾るだけでなく、桃の花のお酒を飲んだり、桃の葉を浮かべたお風呂に入ったりして厄払いをしていたんですよ。

 

《マメ知識!五節句ってなんのこと?》

・1月7日の「人日(七草がゆ)」
・3月3日の「上巳(桃の節句)」
・5月5日の「端午(菖蒲の節句)」
・7月7日の「七夕(星祭)」
・9月9日の「重陽(菊の節句)」

以上の5つの節目の日をまとめて「五節句」と言います。

 

 

【ひなまつりっていつまで?いつしまう?】

ひな祭りが3月3日をさすことはご存じかと思います。では、ひな人形はいつから飾るものなのでしょうか?

 

★ひな人形を飾るタイミングは?

雛人形を飾るのは、流し雛の意味合いの通り人形に自分の穢れを移して厄払いをするためです。ですから、3月3日の当日だけではなくある程度長い期間にわたって飾るのが良いとされています。

飾り始めるタイミングは、季節の変わり目である立春を過ぎたあたりで、節分の豆まきで厄払いをした後が良いと言われています。もちろん厳格にそのあたりでないといけないわけではありませんが、遅くともひな祭りの1週間くらい前には飾りつけるのが良いでしょう。

地域によっては、「二十四節気」のひとつ、「雨水(うすい)」に飾るのが縁起が良いとされている地域もあります。

雨水は、温かくなって雪や氷が溶け、雨水として降り注ぐ日のことを言います。 水の神様である弥都波能売神(みつはのめのかみ)は、豊穣をもたらす農耕の神であると同時に、子宝や安産の神としても信仰されています。

こうした事もあり、雨水の日におひな様を飾る事は、良縁につながるという逸話があり縁起が良いとされているのです。雨水は 毎年2月18日、19日にあたりますので、こちらも参考にしてみてくださいね。

 

 

★ひな人形をしまうタイミングは?

「3月3日を過ぎても片付けないとお嫁に行き遅れる!」なんていう話を聞いたことはありませんか?ママたちなら知っているかもしれませんね。

ひな祭りの起源である中国の「上巳」も3月3日に行われていましたが、旧暦の3月3日なので現在の暦でいうと4月の上旬頃に行われていました。そのため地域によって4月の上旬までひな人形を飾るところがあります。
雛人形をしまうのが遅れると婚期が遅れるというのはただの迷信です。 「片付けがちゃんとできないようではお嫁さんにもなれませんよ!」というしつけの意味を込めての言い伝えなのかもしれませんね。

とは言っても、いつまでも出しておくのはおすすめしません。一般的に雛人形を片付けるのは、「啓蟄の日(けいちつのひ)」が良いと言われています。 「啓蟄の日」は、二十四節気のなかのひとつで、3月6日頃から3月15日頃までのことを指します。

啓蟄の日のなかでも天気が良い日が最良です。人形は湿気に弱く、カビが生えやすいので注意してあげる必要があります。その点から見て天気がよい日は湿度が低いので、お手入れするのにピッタリなのです。反対に湿気の多い日にしまうと、人形に湿気を残してしまうことになりますので、カビやシミの原因になります。

 

時期よりも、何よりも、お天気がよい日にしまうことはもっとも最優先するべき事です。 お子様を守るお人形ですから、湿気のない晴れた日に、お人形をねぎらいながら丁寧にお片付けしましょう。

 

≪マメ知識!二十四節気ってなんのこと?≫
二十四節気とは太陽の動きを元につくられた季節を知る目安のようなものです。 節分を基準に1年間を24等分して、約15日ごとで分けられています。 それぞれに季節を表す名前が付けられていて、たとえば「啓蟄」は春の温かさを感じて、冬ごもりをしていた虫が外に這い出てくるころという意味を持っています。 啓には、ひらく、開放する、夜が明けるなどの意味があり、蟄には冬ごもりのために虫が土の下に隠れる、閉じこもるという意味があります。 それらをつなげてつくった言葉が啓蟄です。

 

【ひなまつりの料理】

ひなまつりに向けて、ひな人形の他にもお料理の用意を考えているのではないでしょうか?ここからはひなまつりに食べる伝統的な食べ物についてご紹介したいと思います!

★菱餅

ひなまつりと言えば3色の菱餅を連想する人も多いかもしれませんね。菱餅のルーツは、ひなまつりの起源である上巳で食べていたお餅で、母子が健やかで健康であるようにという願いが込められています。日本では最初はよもぎ餅の緑色だけでしたが、江戸時代に菱を入れた白い餅が、明治時代にくちなしを入れた赤い餅が加わって、3色となりました。3色にはそれぞれ以下のような意味があります。

桃色(赤):赤は魔よけの色。桃色も厄除けに使われる。
白:子孫繁栄、長寿、純潔を願う。
緑:強い香りがあるよもぎ餅。健やかな成長を願う。

 

★白酒・甘酒

桃が「百歳(ももとせ)」に通じることから長寿を願って、桃の花びらを漬けた酒にひたした 「桃花酒(とうかしゅ)」を飲む風習がありました。

日本では江戸時代頃からみりんに蒸したコメや麹を混ぜて発酵させた「白酒」が好まれるようになり、定着していきました。白酒はお酒ですから、大人しか飲めないので子どもたちには甘酒がおすすめです。甘酒には2種類あり、酒粕を使ったものはアルコールを含みますが、ご飯に米麹を混ぜて一昼夜ねかせて作るものはアルコール度数1%未満なので、子どもでも飲むことができます。

 

★はまぐり

はまぐりなどの二枚貝は、対になっている貝殻しか絶対に合わないことから貞操の象徴とされています。その様子から、相性の良い結婚相手と結ばれて仲睦まじく過ごせる、夫婦円満のシンボルとなりました。盛りつけるときに、開いた貝の両側にそれぞれ身をのせて将来の幸せをみんなで祈っていただきます。

 

いかがでしたか?

ひな祭りの由来や歴史について新しい知識は増えたでしょうか?是非ご家族みんなにもお話してあげてくださいね♪

 

サイト内検索

メルマガ会員募集中。東京イベントプラスの情報をメールでお届けします

子どもを笑顔にするお得な神奈川イベント情報サイト。神奈川イベントプラス〜ココロうごかす イベントプラス。親子で楽しいお得な週末お出かけ情報

お得な週末お出かけ情報やキャンペーン情報を発信♪たくさんのパパ・ママに大好評! LINE@友だち募集中!!

私達と一緒に子どもに笑顔を届けませんか?ワークショップ講師大募集♪

注目記事

会社概要。東京イベントプラスの概要をご紹介いたします。

お問い合わせ。皆様からのご質問にお答えいたします。